Swan song, Swan shooting

My friend and fellow Mattias Westfalk came on our very last day in the shop, to shoot friends and myself. No tears, no dramas and no melancholic feelings. Just good laugh, good chat and like a bunch of guys, just hanging. And still we do.

20130213-203328.jpg

20130213-203354.jpg

20130213-203405.jpg

20130213-203417.jpg
お店の最終日に、友達のマティアスが写真を撮りにきてもらいました。こいうい時は本来何をすればいいのでしょう?皆で飲みに行く?挨拶周りをする?何か、オープンする時は花だのなんだのと色々あると思うけど、こうして少人数でも最後の”華”を飾りに来てもらったのは素直に嬉しいです。また皆でこうしてお会い出来るのを楽しみにしてます。

Published by

Carlos aus Tokyo

International player, attitude holder, tattooist of the masses. ロス、リオ, 東京, アムス、アントワープ、リエージュ、ドルトムンド、ケルンと世界を渡り、彫り歩く。タトゥーはその土地土地の空気を表す手段という解釈で今日も胸いっぱい彫ります