Donald Richie might not be a usual name to be heard in the so called “tattoo circles” or experts in the “industry”. If someone is aware about his name, it would be thanks to Ed Hardy’s books and articles.
Mr.Richie is mentioned and truly he deserves the credit. He wrote a very interesting book back in 1980 called simply “The Japanese Tattoo” and I too had the pleasure of reading this book and still have my treasured copy all these years.

If you look at the reader’s review, they say that is not the book for the one’s looking for tattoo photos.
Yes indeed. The book do have some photos illustrating, but mainly is about the text. In my humble opinion, very much interesting than the typical tattoo photo books easily found now days. And I don’t even mean about Japanese tattoos.

From the perspective of being written by a person that did not went through the experience of getting tattooed (as far as I’m concerned), it is a rich documentation of the tattoo culture in Japan. By no means it looks dated or old, information wise.
Many of the peculiarities, relationship between tattooist and customers, the view of society towards tattooing and other well observed details do still apply in the modern Japanese “tattoo mindset” so to speak.

Once again, I am a bit concerned when “critics” and “connoisseur” writes about any Tattoo topic without experiencing the process itself. The difference between this book (or author) with the other ones that did not got the actual tattoos; is the amount of knowledge Mr. Richie had about the Japanese culture. And foremost important, the “mindset” of the Japanese. And in this case I don’t even mean the tattoo one.

It is a wider and broader view of someone that lived all these years in Japan, and without “playing” to be Japanese; but staying on his very character as a foreigner observer of a complex society with many faces and thus intricate and many times obnoxious viewpoints from a westerners perspective.

One’s only can bear the culture, being it folk or classic; when immersing on it. Meaning to not just live, but breath and expelling it. Mr. Richie’s book is a true and I would say sincere look, to this sub genre of Japanese culture. I can imagine it was a big commitment to write such a book, from someone like him; prominent for his film critics and books about Japanese cinema.

Specially on a time when tattooing was not a popular topic as it is today, and as a non-Japanese to gain the access and trust to enter the small and closed tattoo world of that era.

May his soul rest in peace, and thank you for this marvelous book you wrote.

ドナルド・リチー氏という方をご存知ですか?
日本映画に興味ある方でもこの名前は聞きなれないという人もいるだろう。リンクのとおり、かなりの数の本をお書きになったのはもちろん、そして何より日本映画、日本の文化、風習を海外に積極的に紹介した方でもある。

その中で1980年に“The Japanese Tattoo”という本をお書きなっている。
僕もこの本を所有し、何度も読返した。残念ながら、英語のみの出版となっております。

タトゥー関係の本となると圧倒的に写真集、彫師の作品集というのが一番多いでしょう。無理もない、タトゥーは基本的に”ビジュアルアート”であるからでしょう。
その中で、この本は当時まだタトゥーが今みたいにそんなにポピュラーではないのはもちろんの事、ましては日本の映画や文化に詳しい、第一人者であるリチー氏がそのアンダーグラウンド(というより、アンダーワールドに近い)世界に足を踏み入れ、彫師、お客さんの信頼を得てこの本を出版されたのはすごいエネルギーと情熱を持って取り組んだ結果、証だと思う。
その情熱は刺青に対してのみではなく、日本という国とその所々に見え隠れする裏と表、建て前と本音を理解しつくした方でなかったらここまでディープな内容は書けなかったと思ってしまう。
長年日本に住みながら、多くの日本文化(タトゥーを含め)に興味を持っている外国人のように”日本人的”、”日本人風”に染まろうとする”落とし穴”を避け、あくまでも客観的この国を見守ってそして何より多彩な面を持っている一つの国のその一つの風習としての刺青をこの本で紹介している。

写真の数は少ないという指摘がアマゾンの読者レビュウー等に載っているが、むしろこの本は文書がメインであり、出版から数十年たった今でも色あせず、日本人独特の刺青に対するアプローチを良く捉えたドキュメントだと思う。

そのアプローチとは図柄、背中一面を使う構図の解説はもちろん、むしろ僕にとって興味深かったのは彫られる側(お客さん)の心理、彫師の考える”彫る”という行為。

それらは外国、西洋人とは異なるアプローチでありながら、最終的には人間に共通する神秘的な体験、シャーマニズムに近いとでも言えるタトゥーを通しての一つの洗礼やその儀式に秘められた原始的、野蛮とまで思われる私たちの心に宿る怪しく、美しく、魅了する謎のパンドラの箱を開けた時の感動と後悔のハザマに立つ”人間”である事の再確認、生と死を背負って生きる者として、日本人であるがゆえに照れ笑いでそれらをごまかし、作り上げた空前の自己表現ではなく、結束の絆としての刺青アート。

そんな事までを考えさせられてしまう力作を残していただいたリチー氏には心から哀悼の意を表します