『私はフランスに、どこまでも日本人として完成すべく努力したい。
  私は世界に日本人として生きたいと願う。
   それはまた、世界人として日本に生きることにもなるだろうと思う。』
  
                       藤田 嗣治 Leonard Foujita

って言うかさ。。。これって正に自分が今現在感じている事でしょう。やっぱ、新しい物は常に発明され、人類も発展してはいるんであろうけど、人間の根本の”気持ち”という物は何時の時代、同じなんだろうなと思った。
この言葉を今さら見付けたのは北斎の富士山の絵をネットで検索していた所だった。
求めていた絵のテーマと言葉があまりにも一致しすぎて鳥肌が立った。

20130704-232803.jpg
写真を見たら色々と突っ込みどころはあるとは思うが、俺なりの解釈で”アート、富士、人種”を感じたまま表現しているだけであって、IKEAで買ったライトとカーテンはさて置き、右側に見える安っぽいワインもさて置き、左側のパソコン画面がたまたま”CARLOS AUS TOKIO”の壁紙になっているのもさて置き、ヤラセなしで自分のアトリエはこっちではこんな感じです。どうぞ呆れずこれからも付き合って下さい