Bitte, lesen Sie hier
IMG_3132
The elephant with six ivory, form the dream of Buddha’s mother.
It took a little while to complete this one, as I was out during the weekend. But today, I had worked on a small tattoo and then had plenty of time to draw up.
While I still assimilating the work’s system and pace, I can’t stop to drawing and practicing.
I must keep my techniques updated and hoping that customers can choose a tattoo from my drawings, past and present.
That’s how I always worked. Up on arrival in a new environment, in a different or new situations. It makes your brain spin faster.
I learned that during my stint’s as a guest artist in various shop’s around the world.
Nobody knows you, and it takes a while to get the trust from customers.
For mental practice and exercise, to keep you in line is extremely necessary to keep your hands busy.
Be it tuning up machines, making needles or setting up things around in the shop.
Customers see it. They understand it. They feel it.
When you’re doing nothing, your blood get’s sucked big time. Small talks don’t make good tattoos.
Good tattoos are made by small actions.
6本の牙を持つ白い象。詳しい説明はこちら
仕事の合間に仕上げた一枚。どんどんペースがつかみ始めたんで描くのが楽しみになってきた。
この調子でこっちでの仕事システムにも慣れていく事を願う。ただし、願ってだけでは慣れないんで。こうして絵を描いたりしてアピールしながら、自分のスキルも磨いていかないと意味がない。
お客さんはやっぱりいきなりは信用してくれないんで。少しずつ、根拠よく、と自分に言い聞かせながらタトゥーを彫って絵を描く。
気持ちに焦りや不安はないと言ったらウソだし。
誰にだって初めての環境や経験にはそれは付き物。

像はそれをある意味表してる動物ではないか。体は大きいけど、何処か不安そうな雰囲気を醸し出している。だけど、いざとなったらドスドスと走り始めその大きい体でバタバタと周りを取っ払いながら進んでいく。
勝手にそのイメージを自分とオーバーラップしながら描いてみた。
こうした角度からも絵にするのも楽しみの一つである。
何も物語ばかり囚われる必要はないと思う。物語は物語。自分の現実がイメージとなり、また新たな物語に発展するかもしれない。
それが”オリジナル”という物なのかな?

2009
Work done in 2009. First, just the goddess, elephant added later
2009年作。最初に普賢菩薩(ふげんぼさつ)を彫り、その後六牙の白象(ろくげ‐の‐びゃくぞう)を足した。