Tor zum Erfolg 2

Pleasant busy day for me. I say pleasant, because I’m the one that prefers “fruitful busy” rather than boredom.
In between the tasks, I drew up a new version of Touryuumon. As I wrote before, this series will not be “edited” so to speak. Each design will be done heart fully, but will be posted as it is.
So, I was not 100% satisfied with yesterday’s one to be honest.
After posting, I started right away to research for a new version. Instead of looking other artists interpretation, I went straight to the source: The image of the carp climbing the waterfall.

I browsed through some books description of fishes and found one suitable.
I know fishes don’t twist their bodies that radically. But again, imagination with bits of fantasy make’s the tales coming to life. Needles to say, tattoos deal a lot with the imaginary.
So, I must use the maximum of my own to link with real life happenings to create an anti-thesis.

By no means trying to escape from reality that surrounds me, I must say that what I’m tattooing and drawing does represent purely the state of my mind and soul.
Now, more than ever.

IMG_3142

今日は朝から使用等でバタバタ。ギリギリお客さんの予約時間に間に合い彫り始める。思ったより時間がかかってしまたが、何とか流れにうまく身を寄せれた。
ここ二日間お店の皆ともあまりロクに話も出来ず、ちょっとマズイなと思っていたのが正直。
今日は忙しい中、逆にうまく時間を使い、皆と冗談も話したり、彫ったり、絵も描いたりと充実した一日になった。
そして仕上がったのがまたも登竜門。別に強引に登竜門で成功を狙っている訳ではありません(笑

このシリーズを始めてから、あえて”編集”をせずに掲載していこうと決めていた。なので昨日描いた登竜門は仕上がり時には気に入っていたんだが、何故か引っかかっていた。
そのためもう一枚描こうと。今度はわざと登竜門の絵は参考にせず、魚の絵を探してみる。
魚が飛び上がっている瞬間んのいい資料を見付け、それを参考にどちらかと言うと鯉をイメージしながら描いてみた。前回は龍をイメージした部分が大きかったような気がして。

もちろん鯉の体はここまではうねる事はないだろうけど、そこはイメージ(空想)の世界。昨日の話に繋がる”思い込み”もある意味空想の部分が多く働くであろう。
それはタトゥーこそ空想(イマジネーション)の世界を現実世界に表現出来る最高の手段であるからだ。

Published by

Carlos aus Tokyo

International player, attitude holder, tattooist of the masses. ロス、リオ, 東京, アムス、アントワープ、リエージュ、ドルトムンド、ケルンと世界を渡り、彫り歩く。タトゥーはその土地土地の空気を表す手段という解釈で今日も胸いっぱい彫ります