Raining Blood

このブログでプライベートや生活に関する事はあまり書いてません。別に隠している訳ではないんだが。
日本に居た時は”ブログなんて。。。”と思っていた理由の一つがそれです。
せっかくタトゥーのブログを書いているのに、途中からネタが尽きたのか”食べログ”に切り替わっていたり。

趣味やグルメ観を載せて親近感を感じさせるのも悪くはないと思う。だが、やはりタトゥーをテーマーにしているんだったらもっとタトゥーを見たい、読みたい。
食事や車等はそっち系のブログを探せばいいんで、当たり前だが。
しかしこうして国も変われば、以前お世話になった方々やお客さんは”どんなもんだ?”と知りたいのも不思議ではない。
でも僕は観光で来ている訳ではないんで。お客さんとコンベンション等で肩組んで写真撮ったりしても。。。
もちろん頼まれたら撮りますけど(笑

ハッキリ言って、タトゥーなんてインドアな作業の為そんなにエキサイティングな展開は日々無いと思う。
まあ、それが食べ物や趣味のネタでも載せないと持たないんだろうな~なんてわからないでもない。

こっちも毎日彫っているだけではない。確かに。
ただ、彫るだけが決してタトゥーアーティストの仕事ではない。どちらかと言うと、その裏でやる作業の方が重要である。
針を作ったり、下絵を描いたり、作業場を綺麗にしたり、道具の手入れ等。大分前に書いた様に、僕は下絵の数だけでもネタ切れにならないと自信を持っている。
同時に外で刺激もらう事もあるし、美味しい食事でパワーをもらう事は勿論ある。

俺はタトゥーで活かされている。タトゥーで活きている事自体が”普通”とはちょっと違う。
僕からしてみれば音楽の才能を持っている、スポーツ万能な方。そういう別の次元で活きている人の世界を”覗く”、”見る”、”感じる”のがネットでありながら面白ければまた触れてみたいと思う。
ミュージシャン等のブログを拝見しながら参考になる事が多々ある。

タトゥーの場合は体験してみないと解らないことだらけである。
でも皆が体験出来る物でもない。それでいいと思うし、入れる必要は何処にもない。
この商売をやっている側ながらそれを言うのもオカシイだろうが。。。
でも本音である。
震災後、お客さんは通って頂いてもらう度に本当にありがたいと思った。
食事や住まい、仕事。それが生活基準の一番重要な部分だし。タトゥーなんてそんな状況下で一番必要のない物だ。

それでも皆さんは来ていただいた。次の日から普段通り来ていただいた。
我々は人間だ。食事と雨風から身を守る家と服は必要だが、それ以上に人間であるが故、表現という物を必要とする。
表現には色々含まれる。音やビジュアル、活字。

それは表現する側と見る側。どちらともシンクロしないと成立たない。
人間として、生きている証として。今日も表現をする。
このブログはそういう表現者の為に書き続けて行きたいため、ネットを通してでもいいからタトゥーを体験してもらいたい。
タトゥーを本来のアートとしての評価を再認識してもらうには、まず表現者の意志改革が必要。
そのため、今日も悪天候の中で爆音を駆け巡りながら自分の表現を磨きます

IMG_3520IMG_3521

IMG_3522IMG_3523

I am not so keen in write private stuff or publish personal topics here. Not that I’m hiding it or ignoring.
This supposed to be a blog about tattoos.
Problem is, that tattoos for me are a such part of my life or to be more righteous it is my life itself. As corny it might sound, but is the truth.
Everything I do is connected to this. Tattoo. And the tattoos I do, are ultimately connected to my person and my spirit.
Synchronously it is the balance between the two. Me and my tattoos. My tattoos and me.
But obviously I do have other interests. Some call it “having a life”. I have a life on tattoos, so I call the other things just “interests”.
Food? Music? Clothes?
We all do need it and at the same time, not. I experienced the earthquake that hit Japan in March 2011.
It was a heavenly sign (for more strange as it sounds), that we need to re-vision and re-think our values.
I tough at that moment tattoo was over for me. Who would think in getting a tattoo in a such obnoxious moment?
But still we are humans. We need the basic to survive, but we need to express ourselves.
So, thankfully customers came just on next day. Just as any other day. The (maybe) last day of our existences.
Please read my past thoughts here as well.

I learned it too. So, be it raining, be I’m tired. I will elbow myself to the front of stage and embrace myself in the sound, as it would be my last sound.
Living is almost hard as die for a cause.

IMG_3532IMG_3533

IMG_3537IMG_3541

久しぶりにメタルフェスでの息抜き。そうでもしないと、下の写真の様に(他のアーティストと)どんぐりの背比べになりかねない。こっちは遊びの中でもアンテナを張ってるんで、その次を行きたいです。
IMG_3524

Published by

Carlos aus Tokyo

International player, attitude holder, tattooist of the masses. ロス、リオ, 東京, アムス、アントワープ、リエージュ、ドルトムンド、ケルンと世界を渡り、彫り歩く。タトゥーはその土地土地の空気を表す手段という解釈で今日も胸いっぱい彫ります