Elephant talk

So, here we enter the last month of the year.
Starts the countdown to forget the pain, starts the countdown for a better tomorrow.
What can tattoos bring to man and women in these moments?
Thoughts? Hopes? Memories?
I always think about that in these dates of festivities.
In the days of tragedy, like following the earthquake in Japan; I had the same questions (please read it here)
What can tattoos bring in these moments?

Tattoos reflect the person, man and women itself
Tattoos are you, become you.
What can you bring?

I bring you different ways. So you can choose more than from just right or left.
New drawing projects (or “ways”) starting soon…
carlos aus tokio tattoo Zeichnung

そして今年も残す所あと一か月!
というベタなブログの始まり方ですけど、特に今年は自分にとって本当に目まぐるしいスピードで年末に辿り着きました
振返る事は基本あまり好きではないんで、別にこれと言った反省点や後悔も無く(笑)カウントダウンを始めます

逆に、来年はどういう一年にしたいか?目標は?と自分で説いても正直明確な答えも無いっちゃ、無いです(笑
ハイ、全く矛盾しているようですけど、本年はハッキリ言って慣れるというか、馴染むというか。それが精一杯でした。
なので、イチイチ反省ばかりしてもショウガナイし、後悔はハッキリ言ってないです!
って言うか、自分で選択した事なんで。後悔するくらいならこっちへは来ないでしょう。

そして、改めていろんな人の応援とサポートがあったから実現できた事なんだなぁ~と思う。
タトゥーの面だけではなく、普段の生活や習慣までにも色々と手助けや俺の疑問に答えてくれた事でスムーズに和がれる事が出来た。
日本でも同じだ。最後までに残ってくれた人たちがリアルだと思うし、出会いや別れも財産っちゃー財産だし。
今は大きな思い出と共に、今の自分自ら選んだ答えに導いてくれたんだなと思いたい。

一人一人名前を出すつもりはないし、それこそ振返って昔話、自慢話みたいのはしたくない。
とりあえず”今”何が出来るか。何をしているか。
その積み重ねが明日になる。積み重ねた物は過去の物だが、”今”に繋がる。

年末までのカウントダウン、皆さんも一日一日”今”も変わらず、一生懸命過ごしましょう

Published by

Carlos aus Tokyo

International player, attitude holder, tattooist of the masses. ロス、リオ, 東京, アムス、アントワープ、リエージュ、ドルトムンド、ケルンと世界を渡り、彫り歩く。タトゥーはその土地土地の空気を表す手段という解釈で今日も胸いっぱい彫ります