Stier tattoo

tribal stier tattoo
I consider myself lucky (if that’s the word) for doing a lot of Black/ Tribal/ Hybrid tattoo works and therefor, to be able to “perform” my tattoos under the circumstances I’ve been living in.
Circumstances that many would consider “damn lucky”, as being able to tattoo without the full knowledge of the local language and so on.
Obviously tattoos (like other art forms) are a visual language before all. But, there’s the charm of tongue communication to fill in gaps here and there as well.
Even restricted, I’m happy to catch through my (poor) radar inner feelings of hope and why not, desires of embracing powers of and outer-space wisdom transcending spiritual boundaries.
May the stars can guide a man through the dark paths of future and revealing it’s signs.
Until then, I will be the co-pilot of these inner desires.

tribal stier tattoo1
新しく始めたタトゥー。テーマは星座(牡牛座)
今回はなるべくボカシ・シェーディングは使わず、黒一色でやろうと思う。
もちろんまだ始めたばかりなんで今後どう転回していくかは正直解らない。
お客さんが途中から新しいリクエストを増やす事もあるし、又自分も違うアイデアを持って来る場合もある。
そう楽しめるように、僕は最初から全ての筋(アウトライン)はひかない。デザインも全体ではなく、メインになる物を先に描き上げてからその後足していくという感じ。
途中経過はかなり中途半端にうつるかもしれないが、もうこれだけは説明のしようがない。

ビルや家を建てる時と同じではないでしょうか?
工事中はとても見た目は悪いんだが、出来上がったら立派な建物がそこにある。
図面どおりにいかない事もあるし、ある程度インプロビゼーションも必要。
人の体となったら。。。
でもそれが面白いんです!

finished
https://carlosaustokio.com/2014/06/21/stier-tattoo-6/

Published by

Carlos aus Tokyo

International player, attitude holder, tattooist of the masses. ロス、リオ, 東京, アムス、アントワープ、リエージュ、ドルトムンド、ケルンと世界を渡り、彫り歩く。タトゥーはその土地土地の空気を表す手段という解釈で今日も胸いっぱい彫ります