Cover-up tattoo

tribal cover upl
From left to right: Original tattoo, drawing and new tattoo
Total: 1 hour for drawing and 3 hours tattooing
左から:カバーする前のタトゥー、下絵、新しいタトゥー
下絵・フリーハンド:1時間。施術:3時間。
Cover-ups don’t need necessarily to be made only with Tribal. Obviously black is the strongest color to “hide” any other tones.
The request in this case was to work with this particular style.
My advice was to add some of shaded “blades” coming out and around the black design to give a contrast and of course, to distract a little bit of too much dark color in just one spot.
There’s no secret for a good cover up result. It all relies on space that can be used. Bigger, the better.
And I do my best on how much and how big can be spent on the tattoo.
The result was pleasant for both sides.

久しぶりに一回で終わったタトゥー。カバーアップは必ずしもトライバルスタイルでしか出来ないと言う訳では決して無いが、たまたまそういうリクエストだったんで。
その後またつなげる事を設定をした上でのタトゥーなので、今回はここまで。
いくらこっちがもっと大きくしたいと思っても、お客さんの時間とお金の都合もあるので、そこは出来る範囲でリクエストに答えるのが仕事だと思う。
お互いが納得いく結果で終わった時が一番気持ちいいです。

Published by

Carlos aus Tokyo

International player, attitude holder, tattooist of the masses. ロス、リオ, 東京, アムス、アントワープ、リエージュ、ドルトムンド、ケルンと世界を渡り、彫り歩く。タトゥーはその土地土地の空気を表す手段という解釈で今日も胸いっぱい彫ります