Connecting new tribal tattoo

tribal arm tattoo
Above (1st session) from left: Original tattoo, sketch and tattoo
写真上、左から:元々彫ってあったタトゥー、直接スケッチ、一回目に仕上がったタトゥー

tribal arm tattoo2
Above (2nd session): sketch. Bellow: Tattoo done in this session
写真上、直接スケッチ。下:二回目に仕上がったタトゥー
tribal arm tattoo3
The original work was done by Gill the boss around 6 years ago. I’m adding some more down the elbow, more or less in the same style.
Personally, it is interesting to do this kind of tattoo. I like to “read” through it and imagine what the tattooer was aiming while he was working.
De-codifying these messages are the key to open my own visions to new designs and dimensions.
One more session, and then we hope to finish this piece

継足し、継足し。この手の仕事は個人的に好きです。色々と想像がわきます。以前彫ったアーティストが何をイメージしていたか。その先、何を見ていたか。
それにまた命をふきこみます。決して大げさではないです。
タトゥーは生き物なんです。その人その物だからこそ、これから先どう進化していくのか。
それを想像しながら未来へ継ぎ足しているんです。
finished
https://carlosaustokio.com/2014/04/12/connecting-new-tribal-tattoo-finished/

Published by

Carlos aus Tokyo

International player, attitude holder, tattooist of the masses. ロス、リオ, 東京, アムス、アントワープ、リエージュ、ドルトムンド、ケルンと世界を渡り、彫り歩く。タトゥーはその土地土地の空気を表す手段という解釈で今日も胸いっぱい彫ります