孔雀-Peacock-Pfau tattoo (Dortmund tattoo convention)

peacock tattoo
OK, I’m just back from Dortmund tattoo convention held last weekend and I confess that I still putting my pieces together.
It was a very very fun show and I enjoyed being part again!
I will post other photos soon, but meanwhile; I want to drop this peacock tattoo I had the pleasure to finish at the convention.
Our friend from Switzerland traveled all over the border again for the task.
I can’t find other words but say thanx to Rolland and his gracious wife for sharing their time with me.
Tattoo brings people together and bond souls man! Believe me…
Check the step by step of this work here and here

peacock tattoo1

先週末のドルトムンド タトゥーコンベンションから戻ってバタバタと仕事やら後片付けに追われています。
写真を整理している途中なんで、近々アップします。まずはコンベンションで仕上げたこちらのタトゥーから。
わざわざスイスからお越し頂いたお客さんで、三つ目のコンベンションで仕上げる事が出来ました。
こちらこちらをご覧ください。
年齢は定かではないけど、お年を召している方です。にもかかわらず彫っている時はピクリともしないとても強いお客さんです。
あたりまえですが、遠い所から来てくれてるので旅費、滞在費もかかります。
それでもキッチリと仕上げてくれた事、タトゥーを楽しみながらも真剣に向合っている事がビシビシ伝わって僕も彫ってて気持ちよかったです。
終わってみると何か寂しい思いにもなりましたけど、またの再会を約束して一先ずお別れです。
こういう出会いがあるからやめられないんだよネェ~
今日も新しい出会いを求めて。。。

Published by

Carlos aus Tokyo

International player, attitude holder, tattooist of the masses. ロス、リオ, 東京, アムス、アントワープ、リエージュ、ドルトムンド、ケルンと世界を渡り、彫り歩く。タトゥーはその土地土地の空気を表す手段という解釈で今日も胸いっぱい彫ります