Learning=Living


I know much have to be said when comes at this time of the year.
Normally, we should complain, entertain, or just state and show how much we (will) elevate.
Evaluate what happened and always leave a drop of hope peep sneaking through the door of disillusion.

Well fellas, I wish I could do all of it.
Happily, I’m busy at the moment.
While everybody is diving into the fire of festivities, I (by no means egoistically speaking) decided that I would just keep doing what I normally do everyday.
It doesn’t mean I found the question and the answer like some sort of zen monk!
I’m (luckily) happy to be able of doing what I like and giving some love and hope in trade.
Seems that people get more eager for it, around this season.

I’m happy with tattooing. I’m happy while I’m tattooing, and I’m happy to staying happy for what makes me happy throughout the years. And that’s what I can share with people. That’s love and hope.

If you didn’t found it this year, fine. But needles to say, every day is a new day.
So, don’t get desperate to close cycles. It wouldn’t close anyways…
I wish you have another good day!

本来ならここで一年を振返って、やり残した、達成できなかった、目標から外れた、ネガティブやマイナスな事について書いたり、コメントしないといけないんでしょうが、正直今はそんな時間がありません。
それをブツブツとグチっている暇があるなら仕事をしましょう。
って言うか、僕の場合は彫りましょう。

年末年始だから休まないといけない、ゆっくりしないといけないというルールは当然何処にも存在しない。
ガッツリ商売やっている人もいるし、休めない職業だってあります。
この時期、人間はセンチメンタルな気分になるのは仕方ないでしょう。
誰しも、変化、希望、愛を求めています。
新しい年が新しい風を持って来る。

僕はそう思っていないんで。
新しい風は自分で吹かしたい。
変化、希望、愛を求めている人達へタトゥーと言う表現の力で風向きを変えたい。
人のためだと思ったら、何時の間にか自分の為になったと気づいた。

皆さんも風を吹かして下さい

Published by

Carlos aus Tokyo

International player, attitude holder, tattooist of the masses. ロス、リオ, 東京, アムス、アントワープ、リエージュ、ドルトムンド、ケルンと世界を渡り、彫り歩く。タトゥーはその土地土地の空気を表す手段という解釈で今日も胸いっぱい彫ります