芸術の秋か何だか分からんけど、一応(?)それらしき事はやってますよ。何時も通りですけどね、こっちとしては。

新しい下絵を再開しぃーの、同時に古い絵や写真の整理。このブログも放置気味だったのをちゃんとアップしたり(笑)と、新しい環境に慣れてきたつぅーのもあって、こういう事を再度取り組めるようになったのかなと?

ハッキリ言って辛い過去三年でしたが、今自分で(ある程度ですけど)再び仕事と生活ペースをコントロール出来る事を楽しんでいます。そして勿論、彫り続けられる喜びを何より感謝しています。

Published by

Carlos aus Tokyo

Mit asiatischen Flair kombiniert mit Südamerikanischer Kraft lässt Carlos seine einmaligen „Hybrid Tattoos“ entstehen (Eng) Esoteric International player, attitude holder, natural born rebellious, tattooer of the masses. Currently working in my third continent ロス、リオ, 東京, アムス、アントワープ、リエージュ、ドルトムンド、ケルンと世界を渡り、彫り歩く。タトゥーはその土地土地の空気を表す手段という解釈で今日も胸いっぱい彫ります