So, that’s how we started.

The good thing about digital media is being able to show beforehand the overall impression of the customer’s tattoo. Back in the analog era, and by any means I’m saying it with sarcasm or whatsoever, I had to draw the thing life sized and it was difficult to get a whole picture until the customer showed up for the appointment.

Still, lot of hand work and drawing even after applying stencils or what not. My point is: everyone wins when we combine ancient and modern tools.

And yes, we sweat, talk, move and complain. Humans, that’s all

今年の半ばくらいから始めたタトゥー。ありがたい事です。こちらのお客さんはずっと付いてきてくれてます。この時代、どんな小さな地方都市でもタトゥーショップがあるにも関わらず、熱心に通ってくれる事に感謝しかないですよね。途中で色々な事情によりギブする人もいるけど、やっぱこっちとしては仕上げたいです。これはエゴ、自己中的な考えではなく、やっぱ大きな作品はシンドイマラソンみたいなもんだから。一緒にゴールしたいわ。

上下の写真はデジタルで下絵を描いたもの。全体のイメージが伝えやすいし、こっちも色々と修正がスピーディーに出来るから助かります。後は何だろう?自動で彫れる機械が出来るんだろうか?それは勘弁して欲しいけどね(笑