Bakeneko, Die Monsterkatze 2

yo15
モデルはグランピーキャット
grumpy_02

そして遂にこの時が来た。全く未知の道具で絵を描く。日本から持って来た物は遂に底をつき、新しいメーカーで悪戦苦闘。
もちろんこれは予想していたもので、前回のタトゥーマシーンの話同様”待ってました!”と言う感じです。
この話題にも大分前にふれてから、実は色々と試しながら今の所100%まではいかないが、納得している。

それも見付けたのはいいんだが、片道2時間かけてやっと買えた代物だ。今まで東京では新宿世界堂で何でもそろって、”人ごみの中で行くのメンドクセ~!”と思っていたのは何だったんだろう(笑
まあ、こんなメンドクサイ事やる意味あるのかと疑問に思われるかもしれない。ストイックにやってる自分に酔ってんじゃねぇーのかと思われるかもしれない。
実はそんなのは全て小さな問題です。人間のやる事なんて意味のない物ばかりかも知れないけど、それをやっている事、やり続ける事で意味を生みだすしかない。自分にそう言い続け、日本から片道15時間の所にやってきました。
その答えを見付けたからです。

All my drawing pens and papers I brought from Tokyo dried out. Now time to battle with new brands to the unknown, mysterious ways. I posted about this topic quite a while ago.
So, by no surprise I’m staring at my new comrades and try by the touch recognize the signs they send me. Some familiar, some revealing.
New machines, new drawing materials. Guided by instincts, the reasonable and unreasonable.
The answer I found before I asked the question.

20130910-195002.jpg

Bakeneko, Die Monsterkatze

Bitte, lesen Sie hier
yo14

Continuing with the “bit’s of humor” Yōkai series. This time, Bakeneko.
Cat’s are a long time “pet’s” for drawing themes
Ukiyo-e painters, such as notorious Kuniyoshi, famous for having many cats is renown for his redemptions on the subject.
Normally he would have one sleeping inside his kimono while drawing on table and never minding them stepping over his originals or messing around the atelier.

And cat’s for being so close to mans life, always had many stories surrounding them. Mostly a bit negative or mysterious so to speak. Maybe for their free personality, they were (are) misunderstood.

Can it be more human?

cat 2011818_1
Work done in 2010, photo re-taken in 2011. After a print of Kuniyoshi
2010年作、2011年撮影。国芳のオリジナルから。

ちょっと路線がずれた(?)化け猫。まあ、こんなのもあってもいいじゃないかと。
猫を題材にした浮世絵は沢山ある中でやっぱ何匹も実際に飼っていた国芳にはかなわないですかね。
なのでルールに縛られず自由に描いていきたいです。
時代に合った、自分のノリに合った化け猫がいてもいいんじゃないかな。
なんて思いながら猫を飼うか、犬を飼うか迷ってます(嘘)

おまけ:
2006年作。バンドライブ用ポスター
Poster done in 2006
neko

Kappa, „Fluss-Kind“ 2

yo13

As promised before, here’s the second version.
Usually when one’s see pictures of Japanese tattoos/ Icons, is faced with those warrior-like figures or monsters in full action ready to chop-off some poor dudes head.
Yes, it is appealing. Right when you have all the testosterone burning strong in your puberty, nothing is more than timely.
But if you slowly start to pay attention, you realize there is much more charm and style behind all the seriousness than the horishi (tattoo artists in Japanese) wants you to swallow.

Well, I personally like to add some kind of humor (read sarcastic, sometimes) to the images. When people take too hard on things, it’s when predominantly things faces to the boredom and “killing it” so to speak.

A bit of smile doesn’t hurt when we speak of tattoos 😉

前回お約束通り、河童再登場。
たまにはファニー、お茶目なキャラもタトゥーの世界では”あり”という事を忘れないでほしい。
何も見栄を切っている武士や強面の動物・人物だけが刺青ではない。
やっぱ、人間は生きて行く上で飯だけではなく笑いも忘れてはいけない。
それが”粋”でしょうか?

否定されても僕は笑いながら飯を食い続けます。。。buenas noches

Kappa, „Fluss-Kind“

Bitte, lesen Sie hier

yo12

As I promised, a new character: Kappa
Will attempt another redemption soon.

kap
Work done in 2007
2007年作

好きなキャラの一つ、河童。すでに次回のバージョンを描いています。

Tor zum Erfolg 3

yo 11

While uploading some new photos for sections such as “About myself”, “Samples of my work”, etc (that you can see on the left side bar) I found a new Touryuumon picture that I had tattooed before.
A bit lazy to go back and paste the photo on the previous versions(here and here), I decided to draw a new reproduction.

Now, I will explore new topics and characters.

touryu1
Work done in 2012. His Kwannon back piece can be seen here
2012年作。彼の背中の観音様はこちら

左側に並んでいる”About myself”, “Samples of my work”等の各セクション用に写真を整理していたら以前彫った登竜門を見付けた。
デジタルで撮影した写真だけでもハンパない数があるんで、自分でもたまに忘れます。。。
また以前ここで紹介した下絵に再度写真をペイストするのが面倒なんで、もう一枚新たに描きました(こっちの方が面倒でしょう、というツッコミがありそうだが。。。)
過去の作品はこちらこちら

そろそろ違う妖怪キャラに移ります。飽きるんで(笑

Karasu Tengu, Die Kobold Krähe 2

IMG_3167

烏天狗パート2.
九尾の狐のポスティングで以前彫った作品を載せてから、いくつか彫った事がある柄を思い出し、またアップしました。ご興味があればもう一度ご覧ください:

麒麟

六牙の白像

烏天狗は以前彫った事はあるんですが、残念ながらいい写真が見つかりませんでした。理由はフィルムで撮った物なんでネガをスキャンしない限り僕も見れません。
何時も聞かれる質問”何人彫った事ありますか?”は答え様がありません。記録は全部持っている訳ではない。フィルムの場合、写真屋さんでプリントしてもらい、実際一枚も使い物にならなかったという事も多々ありました。
お客さんとは一期一会。ドアから出た瞬間、作品と共に僕の前から消えてしまう。
またこうして新たに下絵を描く事によって誰かが選んでくれる事を願う。

Karasu Tengu, Die Kobold Krähe

Bitte, lesen Sie hier
IMG_3163

Since the previous post of Yōkai drawing series, I started uploading tattoo photos actually done on clients.
I remembered few Yōkai’s I had tattooed before, and I though would be interesting to have it added on the past posts. Please check it out:

Kirin

Elephant from Buddha’s mother dream

Unfortunately, I couldn’t find a good quality photo of Karasu Tengu. Problem is, they were on film format and I don’t have a pro-scanner for negatives.
I will hope somebody will one day choose this interesting and intriguing Japanese goblin for a future tattoo.

neunschwänziger Fuchs

Bitte, lesen Sie hier
IMG_3156
Back from a busy and fun weekend, but this will be a topic for a future post.
Hanging with new made friends, made me figure that the more you interact the more you can invite onto your self.
Breaking the shell can mean the inverse. The shell can be your secure area, your house and territory.
You can break it and go out, but changing its appearance to blend in might not be a straight connection to acceptance itself.
In Japan, it would be common place. People work for the group instead of the individual. A topic I wrote before here
That’s maybe tales like the Nine-tailed fox can be found.
An animal (Fox) mutating to a women and living among humans, unnoticed.

In the west, were the individualism is praised; would be mistaken as a sneaky move so to speak.
But the feelings towards transformation have it’s variations. While Jack & Hide, Dracula or any other transformation / mutation tale always carries a negative stigma, in the East it is viewed as a magical/ divine power shared only by the few.
Instead of mutating the self into a totally different appearance (and thus scaring), in the East it’s description commonly deals with humans among humans themselves.
Some sort of nirvana reached with the Yin-Yang formula. The more we try (going ’round and ’round) we end finding the answer in the most common formulas and appearances. At the end, we are just humans.

九尾の狐
変身にまつわる物語。人間には誰しもが持っている願望であり、憧れである。
自分の姿に何処か不満やコンプレックスを持っているのは当たり前だし、そこから脱皮をしたい、姿を変えて新たにスタートを切りたい。
自分自身もその気持ちがあったからこそ今こうして海外へ飛び出した。
日本で”やり尽くした感”は多少あった物の、同時に”物足りなさ”も正直あった。
それが今に繋がり、そして外で勝負が出来るという自信を持ちながら不安も同時に何処かにある。
その駆け引きや割合によって物事が決まるだろうし、人生においての勝負勘とでもいうのが世の中をどう渡るのではなく駆け巡る事が出来るのかが決まる。
要するに渡り歩くというのは、ただその都度うまくトラブルから身を守って行くのに対し、駆け巡るというのは血や熱のようなものが体中に浸透していって、いずれは骨や肉となる。
言葉自体は何処か焦っている感は無くもないが、またそこは私たち人間それぞれなので。
ペースはともあれ、目標に向かう事がゴールである。

carlos 3a

Tattoo of Nine-tailed fox. Finished and photographed in 2007.

九尾の狐、2007年に仕上げた作品。上手く女性らしさも演出出来て思い出深い撮影になりました。

carlos 3b

carlos 3c

Tor zum Erfolg 2

Pleasant busy day for me. I say pleasant, because I’m the one that prefers “fruitful busy” rather than boredom.
In between the tasks, I drew up a new version of Touryuumon. As I wrote before, this series will not be “edited” so to speak. Each design will be done heart fully, but will be posted as it is.
So, I was not 100% satisfied with yesterday’s one to be honest.
After posting, I started right away to research for a new version. Instead of looking other artists interpretation, I went straight to the source: The image of the carp climbing the waterfall.

I browsed through some books description of fishes and found one suitable.
I know fishes don’t twist their bodies that radically. But again, imagination with bits of fantasy make’s the tales coming to life. Needles to say, tattoos deal a lot with the imaginary.
So, I must use the maximum of my own to link with real life happenings to create an anti-thesis.

By no means trying to escape from reality that surrounds me, I must say that what I’m tattooing and drawing does represent purely the state of my mind and soul.
Now, more than ever.

IMG_3142

今日は朝から使用等でバタバタ。ギリギリお客さんの予約時間に間に合い彫り始める。思ったより時間がかかってしまたが、何とか流れにうまく身を寄せれた。
ここ二日間お店の皆ともあまりロクに話も出来ず、ちょっとマズイなと思っていたのが正直。
今日は忙しい中、逆にうまく時間を使い、皆と冗談も話したり、彫ったり、絵も描いたりと充実した一日になった。
そして仕上がったのがまたも登竜門。別に強引に登竜門で成功を狙っている訳ではありません(笑

このシリーズを始めてから、あえて”編集”をせずに掲載していこうと決めていた。なので昨日描いた登竜門は仕上がり時には気に入っていたんだが、何故か引っかかっていた。
そのためもう一枚描こうと。今度はわざと登竜門の絵は参考にせず、魚の絵を探してみる。
魚が飛び上がっている瞬間んのいい資料を見付け、それを参考にどちらかと言うと鯉をイメージしながら描いてみた。前回は龍をイメージした部分が大きかったような気がして。

もちろん鯉の体はここまではうねる事はないだろうけど、そこはイメージ(空想)の世界。昨日の話に繋がる”思い込み”もある意味空想の部分が多く働くであろう。
それはタトゥーこそ空想(イマジネーション)の世界を現実世界に表現出来る最高の手段であるからだ。