Re-working old tattoo

cover up tattoo1
“schöner” machen die originale alter tattoo
eine stunde für zeichnung, drei für tattoo

   
 
元のタトゥーを残しつつ、周りに全く違う柄を付け足すという課題でした。下絵+準備で一時間。彫り時間は三時間。
何時もブログを覗いてくれてありがとう!

have you ever seen the rain?

IMG_5676
Before the earth gets dry, and before the shit hits the fan…
In other words, before I forget it:
I updated parts of About/ über mich+kontakt on the menu bar.
Please take a look and hope you enjoy.
Even admitting that I don’t like to write about myself that much, but you know; I had to bend into this instant virtual gratification world we are now trapped on. Let’s keep marching!
また当サイトのアップ、お知らせです。About/ über mich+kontaktのプロフィールを新たなに書きました。正直、自分の事を自分で書くのは押付けがましいけど、時代の流れなんでしょうがないです。
カッコよく”作品を見て、判断してくれ”と言いたいとこだが。。。
日本を離れてから2年経つんで、自分と周りの手助けで積み重ねている進行形のストーリーをまたこうして書き足していくのも”アリ”かなと。
まあ、呆れず一度読んでみて下さい。そして今日もまた行進中!
FTW! フォーエーバー・タトゥー・ワールド!

Cleaning the house up

IMG_5671
Some new additions on this yours very weblog, website or whatever it’s called.
I added a new section on the menu bar: lettering tattoos/ schriftzüge
And I uploaded some new photos on Hybrid tattoos/ galerie, and organized some of the old photos over there as well.
And, nothing really new, but I added couple more drawings to Drawings/ zeichnung section
I hope you will check it out!

当サイトに新しいコーナーを設けました。Menuから書体・文字タトゥー(lettering tattoos/ schriftzüge)、そしてHybrid tattoos/ galerie には新しい写真と去年まで彫った作品を整理しました。Drawing/ zeichnung コーナーにも数点過去のタトゥー下絵を追加し、内容的には充実していると思うんでぜひチェックして下さい♪

Whereabouts

Video by Ole Chestnut & Daggi Foit (LYS pictures)

It had been a little while since I posted something not related with tattoo works or drawings. So, here we go.
As you might know, we did in the begging of this year a tattoo charity day to raise some money for a school. Read it here.
The couple involved in registering the event made this nice video. I think it mirrors very well how things were done on the day and gives you a glimpse of the shop as well. I hope you enjoying watch as I did.

And one more good surprising to have the shop featured on a tattoo magazine.Check it out!

気付いたらここ最近、文書をまたあまり書いてないような。。。タイムリーではないですが、タトゥー作品や下絵以外の話をどうぞ。
年明けにショップでやったボランティアタトゥー(こちら)の様子がビデオになりました。
出来上がりは最高にカッコイイし、なんとこれはビデオカメラではなく一眼レフで撮った物を編集したそうです。僕も当日は忙しく彫っていたんで、何時撮られていたのか解らなかったくらい。
振返ってみれば、確かに写真は担当のカップルがパシャパシャ撮っていたんだが、その間にビデオを回していたという事ですね。
ビデオカメラだと皆”構えて”(緊張から?)しまうような気がするけど、確かに普通のカメラと見せかけておいた方が自然な絵が撮れるなと感心した。
東京でお店をやっていた時は何回かタトゥービデオを制作しましたが(してもらった)、これは今後も何か参考になるなと思った。
ちなみに東京でのビデオはこちらのYouTubeチャンネルでご覧になれます:
http://www.youtube.com/channel/UCuQ6LHaNe6eT5_gdrZcmqnQ

そして2月の初めにタトゥー雑誌にお店が紹介されました。
tattoo magazine
ブッチャゲ、雑誌に掲載される喜びはマヒしていました。以前はすごく興奮したし、自分で何冊も買いだめし、大切に保管していました
でも何時ごろからかもう載せてもらう事すら億劫に感じはじめ、せっかくの雑誌の呼びかけが面倒までに思ってきたのが正直。
って言うのも、最初は雑誌に載せてもらえる事が一つのステータスと感じていた。自分もキャリアと呼べるほどの年数ではなかったが、最初に登場させてもらうまでには4~5年は待ちました。
掲載されるためには決まり事やラインはないと思うんだが、タトゥーはマシンをにぎった時からアーティストと自ら呼べる世界なんで。雑誌も情報を発信している側としてはもっと責任を持ってやってほしいなと感じていました。

国が変わってもその気持ちは同じです。
こっちではありえないくらいの雑誌の数があるんで、どんなレベルの彫師でもあちこちに写真を送れば何処かには載るでしょう。

以前書いた様に(こちら)自分の絵を展示したいギャラリーを見付けた。
そして”これに載りたい!”と(勝手に)思っている雑誌も最近目にしたので、写真がもうちょっとたまったら送る予定。
資料や写真をそこら中に送りまくるんではなく、特定の雑誌・ギャラリーに登場させてもらいたいと目標を設定したので、頑張ります。

今回はお店側の計らいで掲載させてもらっているんで、もちろん不満はないです。
皆で協力してアピールしていかないといけないんで当然です。
僕が言いたいのは、お店にサポートしてもらってこうしてやってもらうのもいいんだが、自分からも積極的に動かないとここで働かしてもらっている意味がないと。
一人一人ががんばればお店にも効果ありますし、お店もレベルアップしていけばタトゥーシーン(あるとすれば)も盛り上がるとお思います。

日本でもそう考えていました。自分の作品をプロモーションする事は何も後ろめたい事はないと思う。
それでお互い彫師同士のレベルアップに繋がって行けばもちろんいい事だし。
お客さんをはじめ、タトゥーが必要とするサポート環境、例えばサプライ(道具を扱うお店)やメディア(雑誌、映像)にもいい意味での利益があると思う。

あたって、くだけろ
また環境も変われば、新しい喜びと興奮が芽生えてくるようにこっちからもアグレッシブ(積極的)に攻めていきます。

Healing tattoos

Photo & montage: Ole Chestnut & Daggi Foit (LYS pictures)
spend

One more story that gets messed up on the calender of events from the end/ beginning of the year.
On January 4th (Sat) we (the shop) did a “volunteer tattoo day”. The goal was to raise some money for a local school for children with special needs.
Contrary of what we usually see (in terms of tattooing) of selling paintings or auctioning things, the shop decided to tattoo actual designs made by the children for this day.
We collected the drawings and hanged them on the walls. People would pick whatever suited them and they payed stipulated prices.
It was 3 of us (tattooers from the shop, including myself) and 3 more coming from 2 different shops to help.
The preparation started 9 in the morning, with setting up stations for the extra tattooers and closing down the parking space in front of the shop (with the formal consent from local authorities) to place a tent and BBQ outfit.
All the food and drinks sold on the day, were donated for the school as well.
I though that the idea was rad, and even knowing that tattooing are not accepted 100% even in this country (I mean, less in Japan); I still think we did the right way.
At least if the parents from the school ultimately understands our action, than is mission accomplished.

ちょっと前の話になりますけど、年明け一発目の行事、タトゥーボランティア活動をやりました。
ちょっとピンとこないと思うんで説明します。
タトゥーでボランティアや募金活動と言うと?
日本ではまず彫師が描いたTーシャツや絵を販売するなどしてお金を集めるというのが支流ではないでしょうか?
しかし今回お店では実際にタトゥーをお客さんに彫り、その売り上げを施設に渡すという試みでやってみました。
施設と言うのは知的障害児の学校である。
その子供達がこの日の為に実際描いた絵をそのまま彫るという事です。
絵だけでも100枚以上あったんではないでしょうか。
それらを壁に貼り、お客さんは好きなのを選んでもらい、それをそのまんま僕らが彫ると。
線が曲がってようが、色が荒く塗られてようがそのまま彫る。
一見無茶なやり方だなぁ~と思われるかもしれませんが、ここではお金の事も勿論重要ですけど、それより子供達が直接参加している意義と彼ら・彼女らが自分の描いた絵が選ばれた事の誇りと喜びが今後の社会生活で直面する差別や拝見から少しでも自信を持って行けるようにとの事からこの形をとったのです。
提案者はうちのボスですが、アイデアとしてはとても面白いなと。
その日は地元役所からバッチリ許可をもらっており、朝9時からお店の前の道を封鎖。
屋台用のテントやバーベキューセット等を設置。食べ物、飲み物の売り上げも全て寄付するとの事。
お店の彫師(僕を含め3名)以外にも他店から駆けつけてくれた3名。
準備が終わって、朝11時から彫りはじめ!
受付けではうちのスタッフがお客さんを振り分けてくれて、次から次へと作業場へと案内。
柄も小さいし、30分以内で終わる物が多かったかな?
個人的に嬉しかったのは、普段ボスの常連さんが僕の所に来てくれたり、何時も買い物をする近所のパン屋のおばちゃんを彫ったりと(笑
コミュニケーション手段としてのタトゥーはやっぱり面白いなと思いました。
地元の人全員がタトゥーを良く思っている事はないが、こうした活動の中からせめて学校に通っている子供達のご両親らが理解をしめしてくれたら目標は達成かなと思います。
今後は僕からも何か提案したいし、タトゥーで何かが出来る!と再確認した日でした

spendaktion
Above: Tattoo magazine announcing the event
上:タトゥー雑誌で今回のボランティアに関する告知

Deutsch
Wir sagen Danke!!
Ein dickes fettes Danke,Danke,Danke an alle die uns am 4.Januar bei der Spendenaktion unterstützt haben!
Es haben sich ca.50 Teilnehmer für die Kids unter die Nadel gelegt und fleissig Wurst und Suppe gemampft und damit 3250 Euro zusammen bekommen!
Der helle Wahnsinn!!!
Und wir durften uns noch über eine super tolle extra Spende für die Kids von 750€ von der Firma Pröpper Kanaltechnik GmbH ,Bad Fredeburg freuen die uns von Geschäftsführeer Dominik Saßmannshausen persönlich überreicht wurde.
Auch Sachspenden wurden gemacht!
Die Bratwürstchen wurden gespendet von der Fleischerei Ernst Fischer ,Nuttlar.
Die Brötchen für Wurst und Suppe kamen von der Bäckerei Sommer, Bad Fredeburg.
Den riesen Grill stellte uns der Förderverein der Freiwilligen Feuerwehr Schmallenberg, Löschgruppe Grafschaft zur Verfügung.
Ein besonderer Dank an unsere Helfer und Tätowierer die uns Unterstützt haben!
Einmal die Iris von In Style Tattoo und der Markus mit Gefolge von Hieb und Stichfest!
Ihr wart der Hammer!
Und natürlich nicht zu vergessen die drei die draußen bei der Kälte ausgehalten haben um sich um die Würstchen, Suppe und den Glühwein zu kümmern.
Danke Peter und Dominik Saßmannshausen und Christian Samol auch Ihr wart der Hammer!!
Die Übergabe der Spende gestaltet sich leider im Moment etwas schwierig wegen dem Geldwäschegesetz aber sobald das geklärt ist geht die Kohle da hin wo sie hingehört, zu den Kids nach Olsberg!
Leider hat die Presse nicht so mitgespielt…trotz mehrmaligem Anschreiben kam von denen nichts rüber…Was solls….
In diesem Sinne Danke an alle!!!
Euer Team von Gill`s Bodyart

Quest

I started this blog a while ago, as a way to keep informed my customers and friends of my whereabouts.
Since I moved to a different continent, I though that would be a nice way to keep my motivation of doing things (not just tattoos) as well. I mean, not a way to fill in gaps or passing time. But a way to express myself in a different manner. Never had written a diary, a blog would be something outer of space.
Well, modern ages and we adapt. With a little phone device you have in hand: maps, internet, compass or whatever you need to keep you connected with the world or surroundings.
Never lost, never found.

I’ve been posting daily since I started.
Again, to keep myself focused. And in the begging the mission was to throw my thoughts, dynamically and selfish.
But, statics (real or not), messages (death threats included) and feedback’s (positive or not) prove that the more I write, I’m directing the posts to you.

Needles to say, I can’t write everyday but I can post everyday. Mostly drawings or photos of tattoos in progress, that’s what is about.
But, no matter how tired I’m that day, how beaten I feel on a weekend, I will aim to post something.
It is a sign of being alive? Is it a code?
Might be just selfish dynamic thoughts once again, going full circle.
What I want to say is: I’m doing that for me, but also for you. More than ever now.

This is just a short post to say thank you.
PS: The last week, I was busy starting lot’s of new tattoos. That’s the reason I was not writing, but I will publish some more photos very very soon!

IMG_3696

このブログを始めてからは今の所一度もアップしていない日は無い。
もちろんまだブログを始めてから日が浅いからアップするのも楽しいし、自分には真新しい試みだから面白いというのもある。
日本で今までお世話になった方々、彫ったお客さん、”恩返し”と言ったら押付けがましいかもしれないが、少なからずそれらも視野に入れて始めたブログです。
必ずしも多くの方が読んでくれるとは思ってもいなかっため、自己満足でアップし始めたというのもあります。
でもやはり続ける事によってその実感がどんどんわいてきてます。
日本からもメッセージ、励ましの言葉ををもらい、”読んでますよ”と聞くと素直に嬉しいです。
一人一人に個人的にレスしてないのも申し訳ないんだが、気持ちはいただきましたよとこの場を借りて言いたい。
まだまだやりたい事、挑戦していきたい事が様々あります。その気持ちを皆とブログを通して分かち合いたいです。
これからもよろしくお願いします。

先週は新規のお客さんをスタートしていたため、忙しくて文書が書けませんでした。今週から写真をアップしていきますので、お楽しみに!