Whereabouts

Video by Ole Chestnut & Daggi Foit (LYS pictures)

It had been a little while since I posted something not related with tattoo works or drawings. So, here we go.
As you might know, we did in the begging of this year a tattoo charity day to raise some money for a school. Read it here.
The couple involved in registering the event made this nice video. I think it mirrors very well how things were done on the day and gives you a glimpse of the shop as well. I hope you enjoying watch as I did.

And one more good surprising to have the shop featured on a tattoo magazine.Check it out!

気付いたらここ最近、文書をまたあまり書いてないような。。。タイムリーではないですが、タトゥー作品や下絵以外の話をどうぞ。
年明けにショップでやったボランティアタトゥー(こちら)の様子がビデオになりました。
出来上がりは最高にカッコイイし、なんとこれはビデオカメラではなく一眼レフで撮った物を編集したそうです。僕も当日は忙しく彫っていたんで、何時撮られていたのか解らなかったくらい。
振返ってみれば、確かに写真は担当のカップルがパシャパシャ撮っていたんだが、その間にビデオを回していたという事ですね。
ビデオカメラだと皆”構えて”(緊張から?)しまうような気がするけど、確かに普通のカメラと見せかけておいた方が自然な絵が撮れるなと感心した。
東京でお店をやっていた時は何回かタトゥービデオを制作しましたが(してもらった)、これは今後も何か参考になるなと思った。
ちなみに東京でのビデオはこちらのYouTubeチャンネルでご覧になれます:
http://www.youtube.com/channel/UCuQ6LHaNe6eT5_gdrZcmqnQ

そして2月の初めにタトゥー雑誌にお店が紹介されました。
tattoo magazine
ブッチャゲ、雑誌に掲載される喜びはマヒしていました。以前はすごく興奮したし、自分で何冊も買いだめし、大切に保管していました
でも何時ごろからかもう載せてもらう事すら億劫に感じはじめ、せっかくの雑誌の呼びかけが面倒までに思ってきたのが正直。
って言うのも、最初は雑誌に載せてもらえる事が一つのステータスと感じていた。自分もキャリアと呼べるほどの年数ではなかったが、最初に登場させてもらうまでには4~5年は待ちました。
掲載されるためには決まり事やラインはないと思うんだが、タトゥーはマシンをにぎった時からアーティストと自ら呼べる世界なんで。雑誌も情報を発信している側としてはもっと責任を持ってやってほしいなと感じていました。

国が変わってもその気持ちは同じです。
こっちではありえないくらいの雑誌の数があるんで、どんなレベルの彫師でもあちこちに写真を送れば何処かには載るでしょう。

以前書いた様に(こちら)自分の絵を展示したいギャラリーを見付けた。
そして”これに載りたい!”と(勝手に)思っている雑誌も最近目にしたので、写真がもうちょっとたまったら送る予定。
資料や写真をそこら中に送りまくるんではなく、特定の雑誌・ギャラリーに登場させてもらいたいと目標を設定したので、頑張ります。

今回はお店側の計らいで掲載させてもらっているんで、もちろん不満はないです。
皆で協力してアピールしていかないといけないんで当然です。
僕が言いたいのは、お店にサポートしてもらってこうしてやってもらうのもいいんだが、自分からも積極的に動かないとここで働かしてもらっている意味がないと。
一人一人ががんばればお店にも効果ありますし、お店もレベルアップしていけばタトゥーシーン(あるとすれば)も盛り上がるとお思います。

日本でもそう考えていました。自分の作品をプロモーションする事は何も後ろめたい事はないと思う。
それでお互い彫師同士のレベルアップに繋がって行けばもちろんいい事だし。
お客さんをはじめ、タトゥーが必要とするサポート環境、例えばサプライ(道具を扱うお店)やメディア(雑誌、映像)にもいい意味での利益があると思う。

あたって、くだけろ
また環境も変われば、新しい喜びと興奮が芽生えてくるようにこっちからもアグレッシブ(積極的)に攻めていきます。

Healing tattoos

Photo & montage: Ole Chestnut & Daggi Foit (LYS pictures)
spend

One more story that gets messed up on the calender of events from the end/ beginning of the year.
On January 4th (Sat) we (the shop) did a “volunteer tattoo day”. The goal was to raise some money for a local school for children with special needs.
Contrary of what we usually see (in terms of tattooing) of selling paintings or auctioning things, the shop decided to tattoo actual designs made by the children for this day.
We collected the drawings and hanged them on the walls. People would pick whatever suited them and they payed stipulated prices.
It was 3 of us (tattooers from the shop, including myself) and 3 more coming from 2 different shops to help.
The preparation started 9 in the morning, with setting up stations for the extra tattooers and closing down the parking space in front of the shop (with the formal consent from local authorities) to place a tent and BBQ outfit.
All the food and drinks sold on the day, were donated for the school as well.
I though that the idea was rad, and even knowing that tattooing are not accepted 100% even in this country (I mean, less in Japan); I still think we did the right way.
At least if the parents from the school ultimately understands our action, than is mission accomplished.

ちょっと前の話になりますけど、年明け一発目の行事、タトゥーボランティア活動をやりました。
ちょっとピンとこないと思うんで説明します。
タトゥーでボランティアや募金活動と言うと?
日本ではまず彫師が描いたTーシャツや絵を販売するなどしてお金を集めるというのが支流ではないでしょうか?
しかし今回お店では実際にタトゥーをお客さんに彫り、その売り上げを施設に渡すという試みでやってみました。
施設と言うのは知的障害児の学校である。
その子供達がこの日の為に実際描いた絵をそのまま彫るという事です。
絵だけでも100枚以上あったんではないでしょうか。
それらを壁に貼り、お客さんは好きなのを選んでもらい、それをそのまんま僕らが彫ると。
線が曲がってようが、色が荒く塗られてようがそのまま彫る。
一見無茶なやり方だなぁ~と思われるかもしれませんが、ここではお金の事も勿論重要ですけど、それより子供達が直接参加している意義と彼ら・彼女らが自分の描いた絵が選ばれた事の誇りと喜びが今後の社会生活で直面する差別や拝見から少しでも自信を持って行けるようにとの事からこの形をとったのです。
提案者はうちのボスですが、アイデアとしてはとても面白いなと。
その日は地元役所からバッチリ許可をもらっており、朝9時からお店の前の道を封鎖。
屋台用のテントやバーベキューセット等を設置。食べ物、飲み物の売り上げも全て寄付するとの事。
お店の彫師(僕を含め3名)以外にも他店から駆けつけてくれた3名。
準備が終わって、朝11時から彫りはじめ!
受付けではうちのスタッフがお客さんを振り分けてくれて、次から次へと作業場へと案内。
柄も小さいし、30分以内で終わる物が多かったかな?
個人的に嬉しかったのは、普段ボスの常連さんが僕の所に来てくれたり、何時も買い物をする近所のパン屋のおばちゃんを彫ったりと(笑
コミュニケーション手段としてのタトゥーはやっぱり面白いなと思いました。
地元の人全員がタトゥーを良く思っている事はないが、こうした活動の中からせめて学校に通っている子供達のご両親らが理解をしめしてくれたら目標は達成かなと思います。
今後は僕からも何か提案したいし、タトゥーで何かが出来る!と再確認した日でした

spendaktion
Above: Tattoo magazine announcing the event
上:タトゥー雑誌で今回のボランティアに関する告知

Deutsch
Wir sagen Danke!!
Ein dickes fettes Danke,Danke,Danke an alle die uns am 4.Januar bei der Spendenaktion unterstützt haben!
Es haben sich ca.50 Teilnehmer für die Kids unter die Nadel gelegt und fleissig Wurst und Suppe gemampft und damit 3250 Euro zusammen bekommen!
Der helle Wahnsinn!!!
Und wir durften uns noch über eine super tolle extra Spende für die Kids von 750€ von der Firma Pröpper Kanaltechnik GmbH ,Bad Fredeburg freuen die uns von Geschäftsführeer Dominik Saßmannshausen persönlich überreicht wurde.
Auch Sachspenden wurden gemacht!
Die Bratwürstchen wurden gespendet von der Fleischerei Ernst Fischer ,Nuttlar.
Die Brötchen für Wurst und Suppe kamen von der Bäckerei Sommer, Bad Fredeburg.
Den riesen Grill stellte uns der Förderverein der Freiwilligen Feuerwehr Schmallenberg, Löschgruppe Grafschaft zur Verfügung.
Ein besonderer Dank an unsere Helfer und Tätowierer die uns Unterstützt haben!
Einmal die Iris von In Style Tattoo und der Markus mit Gefolge von Hieb und Stichfest!
Ihr wart der Hammer!
Und natürlich nicht zu vergessen die drei die draußen bei der Kälte ausgehalten haben um sich um die Würstchen, Suppe und den Glühwein zu kümmern.
Danke Peter und Dominik Saßmannshausen und Christian Samol auch Ihr wart der Hammer!!
Die Übergabe der Spende gestaltet sich leider im Moment etwas schwierig wegen dem Geldwäschegesetz aber sobald das geklärt ist geht die Kohle da hin wo sie hingehört, zu den Kids nach Olsberg!
Leider hat die Presse nicht so mitgespielt…trotz mehrmaligem Anschreiben kam von denen nichts rüber…Was solls….
In diesem Sinne Danke an alle!!!
Euer Team von Gill`s Bodyart

Quest

I started this blog a while ago, as a way to keep informed my customers and friends of my whereabouts.
Since I moved to a different continent, I though that would be a nice way to keep my motivation of doing things (not just tattoos) as well. I mean, not a way to fill in gaps or passing time. But a way to express myself in a different manner. Never had written a diary, a blog would be something outer of space.
Well, modern ages and we adapt. With a little phone device you have in hand: maps, internet, compass or whatever you need to keep you connected with the world or surroundings.
Never lost, never found.

I’ve been posting daily since I started.
Again, to keep myself focused. And in the begging the mission was to throw my thoughts, dynamically and selfish.
But, statics (real or not), messages (death threats included) and feedback’s (positive or not) prove that the more I write, I’m directing the posts to you.

Needles to say, I can’t write everyday but I can post everyday. Mostly drawings or photos of tattoos in progress, that’s what is about.
But, no matter how tired I’m that day, how beaten I feel on a weekend, I will aim to post something.
It is a sign of being alive? Is it a code?
Might be just selfish dynamic thoughts once again, going full circle.
What I want to say is: I’m doing that for me, but also for you. More than ever now.

This is just a short post to say thank you.
PS: The last week, I was busy starting lot’s of new tattoos. That’s the reason I was not writing, but I will publish some more photos very very soon!

IMG_3696

このブログを始めてからは今の所一度もアップしていない日は無い。
もちろんまだブログを始めてから日が浅いからアップするのも楽しいし、自分には真新しい試みだから面白いというのもある。
日本で今までお世話になった方々、彫ったお客さん、”恩返し”と言ったら押付けがましいかもしれないが、少なからずそれらも視野に入れて始めたブログです。
必ずしも多くの方が読んでくれるとは思ってもいなかっため、自己満足でアップし始めたというのもあります。
でもやはり続ける事によってその実感がどんどんわいてきてます。
日本からもメッセージ、励ましの言葉ををもらい、”読んでますよ”と聞くと素直に嬉しいです。
一人一人に個人的にレスしてないのも申し訳ないんだが、気持ちはいただきましたよとこの場を借りて言いたい。
まだまだやりたい事、挑戦していきたい事が様々あります。その気持ちを皆とブログを通して分かち合いたいです。
これからもよろしくお願いします。

先週は新規のお客さんをスタートしていたため、忙しくて文書が書けませんでした。今週から写真をアップしていきますので、お楽しみに!

Tattoo zimmer

IMG_3564

A very long time, since I posted about the reform made on the shop.
You can review it here and here

All small things that were “unfit” in the beginning, slowly and daily becomes a part of yourself.
The table you are drawing, the chair you’re sitting, the window that brings the light.
In every little corner there’s a living thing.
You can touch it. Almost.

I always look twice before leaving this room.
Once, to make sure I didn’t forgot anything.
Twice, to say “thank you” in the silence of my heart.
Please take a look here, to see the actual room

IMG_3561

だいぶ時間が経ってしまったような気がするけど、仕事部屋が完成してから写真を載せて無い事に気づいた。今さらではあるがこんな感じです→リンク
今から想像も付かない、以前はこちらこちらをご覧ください。
日々働いていると新しい環境にどんどん吸いつかれる訳で、”そういえばここは何もなかったんだよなぁ~。。。”なんて考える暇すらない。

でもそれでOKだと思う。色んな意味でこの部屋がシックリしてきたという証だ。自分の仕事のペースとお客さんが落着けるように改善していくのも楽しみの一つだし。
日本に居た時と大きな違いは自分の趣味や音楽テイストをアクセント的にアピールしていく事かな。
CD置いたり、仲間内の写真飾ったり。
”あっ!俺もこれ好きなんだ!”なんていう話に転がるし。音楽もタトゥーも言葉を越える時があるんで。

これから日本の風景の写真も飾って行こうかなとひそかに思っている。
やっぱり誰も知らないんで。そういう話のネタになるような物、広がる物。どんどんこれから発掘するのも楽しみ。
タトゥーはコミュニケーションなんで。

IMG_3567

Time goes by 2

It’s a strange feeling when suddenly you are taken out of your familiar environment, and then you watch from outside as a simple viewer.

For many years I had the opportunity of working at Shimokitazawa. It’s a small little town cramped with tiny shops, cafes, theaters, live music joints and bars.
I hanged around first in the music clubs, or as in Japan they call live houses.
Back then, not that was a dangerous area, as it is hard to find a real dangerous area in Japan. But it had a certain dark and why not, a depressive vibe.
It could be the old rust buildings. It could be the strange characters that were attracted to the bars. People that usually wouldn’t hang in Shibuya or Shinjuku areas, too “hype” for those misfits.
Shimokitazawa offered on its small alleys a place for those outsiders to hide from the sunlight.

20130506-195157.jpg

Now the area surrounding the station are going through major changes. The train that was crossing and cutting the town in half, lays deep underground. No more traffic, no more crossings that made people stuck for long minutes during the train rush hours.
Also, no more sound. No more sound of the train clinching wheels, station speakers and voices of people from the platforms bouncing in the ceiling and echoing through the streets.
The area turning according to governmental and corporation plans. A clean, safe and business minded. One more area for shopping. One more attraction to be consumed.

20130507-144203.jpg

20130507-144220.jpg

20130507-144238.jpg
In this deep and dark surroundings lay my memories. Good times I had here, but no tears, no regrets.
I can say that I had the opportunity of working in the golden ages of this town. Like time, it does not stop. It keeps moving, it keeps changing.

When first I opened the shop, I had to face obviously the fear of unknown. Many neighbors surely wondered what I was doing.
Diabolical plans? Conspiracy? Or pure mind crime?
Answers never were the point. Questioning was a true exercise .

My way of dealing with these preconceptions were rather simple. Waking up earlier than anybody surrounding, cleaning the shop front, making sure no drunks would be laying on the way of passerby’s.
Simple simple . Hard hard, if you do that as a mantra for decades. In the end, I was able to feel comfortable in a place I could call my city, my neighborhood .

True believer that the micro-cosmos of that town would be the foundation of my work. The anti-these of globalization and the banal, the common sense.

Having a home base, a place I could play my cards and knowing that I couldn’t be cheated. Comfortable, easy to get used. Not for a free spirit like me, not enough to sit in some throne and accept people bowing and kissing my hand. Screw that…

I looked above my shoulders, I looked above my next possibilities. And I accepted my fate, my first step to the unknown.

I’m not being nostalgic. Not either lost in the transitions. Just accepting the flow and embarking to a new trip, even if that means starting from the very deep once again.

20130507-164652.jpg
Always there’s a way when there’s a will

Time goes by

20130505-191043.jpg
下北沢駅が本格的に地下化して、その以前の姿からどんどんかけ離れていく。僕も、周りの人も驚き、戸惑い、そして期待も含めて見守るしかないんだろうか?
そもそも開発計画は企業の物であり、反対も賛成もないんだが、時代の反映として町も機能的で災害にも耐用出来る事も大切である。

しかし、その流れの中でやはり裏では計画的に町全体の”クリーン化”作戦も確かに実行されている。
僕も下北に来てからは、その都度変わっていく姿を目撃しているし、そしてそれに対する共感の部分も多々あった。
なぜなら、下北沢は今からは想像も出来ないほどもっとダークで汚いイメージがあったからだ。個性的と呼んでもよかったであろうが、ハッキリ言って迷惑な輩もいたのも確かである。
そういった方々は徐々に町から消え、下北はおしゃれのシンボルとして生まれ変わっていた。

タトゥーショップをそのような状況の中でキープしていくにはやはり正直大変であった。自分が一つのルールとして、商店街の誰より早く来て店の前の道路やテナントビルの階段を掃除したり、昼間はポイ捨てされてるタバコ等を気づいたら拾う。全て小さなアクションに過ぎないが、こうして少しづつ地域の方々の理解を得る、そしてもちろん自分自身も気持ちいい環境で仕事が出来る。
今振り返れば僕は色々な意味でツイテいたと思う。場所も借りるとなった時も地元の人の計らいがあったからこそ話もスムーズに進んだし、当時はハッキリとそのパイプを持っていない場合は物件すら借りるのも難しかった。

まあここで”あの時は。。。”と懐かしんでもしょうがない。時代は動くし、自分もいい時期にここでショプをやらしてもらったのはうれしい。
姿形はこれからもっと変わるだろうし、そして僕もまたここに戻った時、遊びに来た時にはまた別の街、別の時間として受け止める事が出来ればまたそれはそれでエンジョイ出来るでしょう。

アディオス!いつも元気でな、下北よ。。。

20130505-195005.jpg

Awakening of the godz 2

先ずは床を設置…何でも足元がしっかりしてないと事が始まりません!

20130422-151319.jpg

20130422-151350.jpg
その次に壁を創り、各作業ブースに分けていく

20130422-151822.jpg

20130422-151848.jpg

20130422-152036.jpg
その次に壁を塗り塗り…

20130422-152147.jpg

20130422-152249.jpg

20130422-152308.jpg
もちろん僕も手伝ってますよ😊写真には写っていないけど…
最後は床を仕上げて完成!

20130422-152618.jpg

20130422-152641.jpg
まだまだ続きます…

Awakening of the godz

朝起きたら…

20130420-182214.jpg

20130420-182244.jpg

20130420-182318.jpg

20130420-182342.jpg
眠たい目をこすりながら騒がしい音が聞こえる。
そこには自分の新しい未来が届いていた。

思えば、ゴールンデウィークが自分の出発点であり、タトゥーアーティストとしての一歩であった。また今回も偶然では無く、必然として受け入れる。

この商売で生きていく事に腹をくくった時には色々と不安と希望を抱えながら、今思えばそれは小さな甘い気持ちでしかなかった。
安易に始めたとは言いたくないけど、自分のその時の現状を思い出せば金も必要であったし肉体には限界を感じていた。
実際足を踏み入れると肉体労働であったし、お金は付いてきてもその額は仕事内容とくらべると少なかった。

金より名誉、名誉より金?
名誉も金はいずれ消えるし、忘れられる。
“タトゥーは墓まで持っていけるゆういつの財産だ”
お客さんには何時もそう言い続けてきた。

数年後、”今はゴールンデウィークか~”と思い出す時が来るでしょう。こっちではゴールンデウィークはもちろんないんだが、自分の出発点を見直す事でその時の気持ちを忘れず、また違った挑戦が生まれているでしょう。

いろんな人のサポートもあるからこそ、こういったカッコつける言い方が出来るんだろうな…
その人達一人一人の顔を浮かべながら、今日も心を込めて彫ります…おはよう!

Tattoo and Race

When do we talk the word “race”, it surely brings some heat into the topic itself. This word just came out in my head not for some sort of accident, but it came out naturally and I couldn’t find another one to replace it for this blog.

Being part of a tattoo convention means that you are exposing your work to another’s eyes. Is a great opportunity to share, so to speak your style or thoughts to the locals.
Obviously, the tone of a convention should be an international one preferably, and if your are coming from abroad, automatically you are expected to represent your cultural background through tattooing.
Sometimes people do expect the typical distorted image of a certain race or country.
Hence, the Japanese dressed on a kimono or some sort of outfit and so on.

Anyone living in the country itself do knows that in Japan we do not do wear daily a kimono.
So does not a German guy wears a leather horsen or so on.

But again, people are too accommodate to do a little research and find out the truth. And then comes the problem when the people from those countries itself do feel accommodate to put themselves in that image, frame themselves into the ridiculous and artificial.

Thank God, I am pretty secure and sure of what do I represent and present to others. It is all about mixing styles, but not adding or taking anything out of it. Just transforming them into a readable self tough.
That’s what makes a tattoo, independent of race, is a independent man.

20130327-212357.jpg
海外でコンベンション参加になると一つのテーマは”人種”である。人種という書き方をすると誤解されるであろうが、ここでいう人種とは広い意味で自分の出身国、文化的背景等を含めたものだと思っていただけたら幸いである。
タトゥーコンベンションの一つの魅力は一つの屋根の下でイッキに世界タトゥー旅行が出来る事だ。
様々な国のアーティストが集まり、自分の作品をアピールしながら自ずとその国のイメージをタトゥーというフィルターを通して紹介して地元のお客さんと交流をする。

我々も含めて、国や地域、特定の人種に対して勝手なイメージを持っているのは確かであるし、もちろんその逆もある。良くも悪くもそれらを受け入れるか取り壊すかは一人一人の責任と言ったらオーバーかもしれないが、少なくともその作業は必ず付いてくる。
人によってはそのイメージを利用して自分のアピール方とする者もいる。
言い変えればでっち上げられた、誤解され、紹介されている差別的までとも言ってもいいそのイメージを背負って、疑問視もせずそれが自分の人種、タトゥーだと思っている。

僕の海外でのコンベンション参加のテーマは特定の人種やイメージにあやからない、囚われない事だ。
ルックスで判断される事は仕方ないが、少なくとも僕自身は決してゲストという扱いで参加しているつもりはそもそもない。そのため、その国々で仕事をする際は現地の言葉と風習を必ず取得しておくようにおさらいをしてから乗り込んでいる。

未だに日本から来ていると知ると漢字を彫ってくれというリクエストされるのは仕方ないが、今回のコンベンションで仕上げた作品を紹介するが、文字であってもその文字がお客さんからとって”異国”の漢字では無く、ローマ字である事に先ほどのぼくがテーマとしている答えです。

20130327-223307.jpg

Self service

20130214-091118.jpg

20130214-091134.jpg

20130214-091147.jpg

photo

One interesting idea from Mattias Westfalk ( our friend and photographer ) was the “self shooting”. Each one could choose whatever pose they wanted and click the switch on their own timing. Funny to see people’s approach for this experiment. I think it “mirrors” each one’s personality, etc.
Some took thousands of photos, while others, few. Some stood and still the most, while others jumped around ( literally )
I’m no expert in photography technically speaking. Can’t tell what is the shutter speeds, apertures and so on if I look onto a photo. But I love to imagine and “read” a story behind a photo ( specially portraits ) . I guess this shooting was sincere and honest. It was possible for many facts involved, but again; I would wish to each of you imagine and read the results.

写真はその人を写すのはもちろん。しかし、たまにはその人の性格までが表れる作品もある。今回は友人のマティアスのアイデアで、一人一人の写真を自分のタイミングでシャッターを押し、そして自分の好きなポーズを撮るという実験を試みた結果、やはり見事に人それぞれの性格がよく表れたと感心。もちろん、僕は個人的にモデルになってくれた方々を知っているため、こういう風になるだろうなという期待どおりのリアクションをしてくれる人もいたり、案外アッサリと数枚撮っただけで切り上げる人もいたり、それぞれのテンション(?)とでもいいますか、垣間見れて面白かったです。このブログを見ている人はここに写っている方々を知らないかもしれないが、一人一人の性格を想像してみるのも面白いと思います。また今後、別の被写体等を観た時、別の楽しみが増えるかもしれませんね。

20130214-091213.jpg

20130214-091102.jpg

20130214-091053.jpg