Oberhausen Tattoo Bash (review)

All photos, click to enlarge


I wasn’t writing any reviews recently, because the 2 past conventions I took part didn’t work out for me that good.
Well, we can’t expect only positive results from every trip. Reality is, that slowly getting to understand the system of my new environment; I have to carefully avoid to stagnate myself.
This last convention in Oberhausen was again, like all conventions I participated an a eye opener.
Since I moved here (because of the language barrier), I learned to be more a hearer than a talker.
For not being able to expose all thoughts verbally, as a human being I learned (and still learning) that perception is a important guider.
Making new friends. Listening to new words, and above all, laughing.
It makes me feel so good to laugh, being laughed and making people laugh.
That might be the answer. But is too early to say so, so I will laugh again.


最近参加したコンベンションリポートを全然書いていなかったんで、今回はちょっと書きます。
何せ、過去2回参加したコンベンションは自分的にパッとしないで終わってしまったんで凹んでいました。
今回は気を取りも出して臨んだのは良かったんだが、帰りに車が故障してしまい、後味悪い形で終わってしまいました。
まあ、グチっててもしょうがないんで、来月は”海外”初となるスエーデンのコンベンションに参加してきます。
気合いは入れすぎず、力みすぎず、自分のペースを保って行こうと決めています。自分のペースが何かと聞かれたらちょっと説明には困るけど、何しろ今自分がおかれている状況を勉強だと思って、アクシデント一つでも学ぶ事は多々あるんだなとの再確認ですかね。
コンベンションも最初の言葉の壁の不安からは解放された物の、今度は”お隣さん”の国々も少しづつ制覇して行きながらまた新たな発見を期待して行ってきます。
今楽しまないと、何時楽しむ?

24th International Berlin Tattoo convention

Berlin tattoo convention 2014 Carlos aus Tokio
We will be attending the convention in Berlin (link) during this weekend.
Besides doing tattoos, I will be selling some original paintings (not prints) framed and ready to adorn your house.
Feel free to pass by and check our portfolios, get tattooed or just say hi and buy me a beer 😉
viel spaß!

Dortmund tattoo convention (review)

Well, finally got time to organize photos of tattoos I had done at this convention.
I was very very busy the three days and got no time to take proper photos of the hall. I would love very much to show you how was the vibe there, and how well organized was everything.
Promising (and probably forgetting later), I will do so on my next attending convention.
Meanwhile, here’s few photos!
japanische drache tattoo3
One more session on our friend Stefan. Check the last one here
ステファン君、また今回のコンベンションでちょっと進みました!前回はこちら
japanische drache tattoo4
finished
Dragon tattoo Full sleeve projekt (Fertig)

Bellow, it’s a work I started at Frankfurt convention. I didn’t took a picture there, but here’s what we’ve done so far.
polynesian tattoo deutschland
こちらはフランクフルトのコンベンションで始めたトライバルです。あまり時間がなかったんで、まずは腕の中心の丸い形のデザインから始めました。今回はもっと余裕があったので、ある程度は全体が見えて来たかなと。
polynesian tattoo deutschland1

And many scripts/ lettering tattoos. I love to do them!


書体もこれら以外に沢山彫りました。ありがとうございました!

And, if you missed the last post (here), the finished Peacock on our friend Rolland from Switzerland
前回(こちら)見逃した方へ、仕上がった孔雀タトゥーです
peacock tattoo1

Thank you again for all the people I met and tattooed! See you on next show.
tattoo convention dortmund carlos aus tokio

Dortmund tattoo convention 2014

Well, very rare thing happening today…free wi-fi! Believe or not, they still charge extra for this service over here.
Usually I do not publish anything “on time”, but it’s a good opportunity to break the oath!

If you’re around, come and visit us here!

tattoo convention dortmund_carlos aus tokio 2014

20140614-012613.jpg

Tattoo Bash Köln (review)

Few weeks passed since Tattoo Bash Köln (held last month’s 25th to 27th) and I got myself back to write some for you.
I had a very fruitful experience in April attending 3 conventions in a roll (Stuttgart, Frankfurt and Köln) and many tattooer fellas might agree that there’s too many conventions nowadays.
They can’t be wrong. Definitely we can find all types and sizes of tattoo conventions on the most remote parts of the planet.
In other words, we (tattooers and customers) have the chance to hand pick which conventions, cities/ countries we might visit in the future.

In other hand we face odd situations like tattooing in noisy, dark, hot, cold locations and other “natural obstacles” we find being far from our common habitat.
As far for me, the experience of going through all this makes me grow positively stronger. And I wouldn’t trade it for anything else.
Specially right now that I’m driving by my own to these places to discover, meet and interact with different people and different cultures. All under one roof.

drache sleeve tattoo deutschland
More work added on our friend Stefan. Check the last session here
finished
Dragon tattoo Full sleeve projekt (Fertig)

peacock tattoo deutschland
Our Swiss friend Rolland and his wife graced our booth for the weekend. His previous session can be seen here
finished
孔雀-Peacock-Pfau tattoo (Dortmund tattoo convention)

やっと時間が出来たんで、4月に参加した最後のコンベンション(ケルン)で彫った作品をアップ。龍とクジャクは前回のコンベンションからの続き(共にリンクはこちら
一か月に三つのコンベンションに参加したため、正直体力的にはキツカッタ。
しかし、精神的に得た物はハンパなくデカい。今さら?と思われるかもしれませんが、度胸・自身が付いた。久々に手ごたえと実感がわいたタトゥーツアーでした。

もうすでに気持ちは今年後半のコンベンションに切り替えています。先ずは”基礎”からなんで、今は自宅にアトリエを作りながら新たな下絵を描いています。夏までにはその一角は完璧に生まれ変わって、そこでまたアクリル画も再開する予定。同時にまた美術館巡りも再開しているんでその様子も近日アップします!
さあ、今日もこれから練習です。

Huskvarna Rock & Art Weekend

Stop the press!

Flyer 2014

I’m proud to announce that I will be participating on my first “overseas” tattoo convention in Sweden!
Dates confirmed: 3 to 5 October, 2014.
Location: Huskvarna Folkets Park
Link to event’s home page: rocknart.se

It will be a 3 days of tattoo and music. Please check the website for further details, timetables and so on.

My fellow Scandinavian friends, please contact me directly if you wish to have a tattoo by me. Please go here and fill in the contact box in the bottom of the page. Just for the record: I can’t give you a estimate through email, but if you have a budget I’m open to discuss the possibilities when we meet face to face at the venue. Feel free to enclose your ideas and please browse through my portfolio (here) to see if my style matches what you are looking for.
Tack så mycket!

Please note: I will be out of my booth while Vulcano (Brazilian godz of extreme metal, pioneers of Black/ death/ thrash in South America) is playing. Otherwise I will be tattooing as usual. If you never heard them, you’re a poser…

22. Frankfurt tattoo convention (review)

Another great time at Frankfurt convention (link). Please enjoy!

tattoo convention frankfurt_carlos aus tokio 2014
OK, I guess now I’m back in track with my posts. This convention was held from 11th to 13th March, and finally I found time to organize all the photos ans so. I always write a little late these reviews for this reason. And I do not plan to have internet connection on my cellphone right now. That means no “live report” on the spot.
In my opinion, half of the attention spent on this little device can be used in a more positive way. Looking down the screen makes you miss so many things passing in front of you. And yet, I can’t miss nor even a second!

去年に引き続き、また今年もフランクフルトのタトゥーコンベンションに行ってきました。
今回からはお店の彫師3名(俺を含め)とスタッフ2名、チョイとしたツアーみたいな感じ?
車も2台出して行きました、ハイ。

以前からこういったプランはたっていて、やっと今回から実現。
やはり3人ともにお店を空けるという事は、お客さんのスケジュールに邪魔にならないのかと。
お店を閉めてまで行く意義があるのかと。
俺はボスを説得して、絶対デカいコンベンションは俺ら全員で乗り込んだ方がイイと。
お店の宣伝だけではないけど、皆で一団と結束を固めるにはコンベンションしかないと。
そして何よりお客さんにアピールするための絶好の場だし、俺らの力の見せ所だと思うと伝えた。

さあ、いざ決戦!

japanische drache tattoo deutschland
Continuing the sleeve on our friend Stefan. This is the second session, but we didn’t had much time unfortunately. Next convention we hope to do some more. First session here
前回のコンベンション(こちら)から始めた龍のスリーブ。今回はあまり時間が無かったんでそんなに進まなかったけど、次回リベンジします。
finished
Dragon tattoo Full sleeve projekt (Fertig)

viking leg tattoo
After 3 conventions we were able to finish Mattias Viking tattoo. I hope to get a healed photo on our next meeting. Track back this tattoo’s step by step from here
コンベンション3つ目でやっとのこさ完成!次回また彼女と来た時に治っている状態の写真が撮れればと願ってます。前回までの流れはこちらから

pfau tattoo deutschland
This new project started on our friend Rolland from Switzerland. Very nice guy, stood like a rock in this very painful spot. Very excited to continue on next convention.
今回からスタートした孔雀タトゥー。わざわざお隣スイスからお越し頂いたお客さん。ぶっ飛んでいる老夫婦なんで、次回のコンベンションでお会いするのが楽しみ。しかし、スイス訛りのドイツ語は難しい(汗

pfau tattoo deutschland1
finished
孔雀-Peacock-Pfau tattoo (Dortmund tattoo convention)

kleine tattoo
Very cool piece, perfect in between big projects!
ちこっいタトゥーもやります、もちろん。

フランクフルトはとても規模がデカい!タトゥーアーティストだけで約700人参加!
お客さんは3日で何万人と来るらしい。万です、万!
今回もとにかく忙しすぎて会場の雰囲気や写真はなし、去年のでよければこちらこちら

このタトゥーコンベンションの特徴はまず”アジア”と言うテーマに力を入れている。それがアジアンデザインであったり、アジアから来ている彫師であったりと。
なので会場の一角が中国、台湾、香港等から来ている彫師で占められている。
僕はハッキリ言ってそれにあやかるつもりは一切ない。何故なら”アジア”という締めくくりで一緒にされたくない。俺の技術は日本と言う国で培ったため、あくまでも日本人として自分のタトゥーアイデンティティーを偽りなく、形に縛らわれずに表現していきたい。
いわゆる今現在の日本文化。それがオタクであろうが、ヒップホップであろうが、何であろうが、とにかく

変に着飾って、作務衣とか着ている人もいるけど、普段そんな恰好してないのに海外に出たからといってわざわざ東洋の神秘のイメージは誰もしが買ってくれません。。。
10年以上前のコンベンションだったらともかく。
japanese wrestlers
↑傍から見るとこんな感じにしか見えないんだけど。。。

時代と共に文化や風習と言うのは変わるんで、それに乗っかるのではなく、軌道修正をしながら自分自身のペースで楽しむのが理想だと思う。
今の日本で誰しもがちょん髷をしていないのと一緒である。
いわゆる日本刀は心の中に持っていればいいという事。そういうタトゥーが自然に付いてくれれば尚更カッコイイ。

俺は横目でそういう状況を見ながら彫っていると日本語で急に話しかけられた。
パッと見ても思い出せなかったが、実は数年前に俺が韓国にタトゥーツアーで行った時に会った方だった。
まだその時彼は彫師はやっていなかったが、共通の地元の彫師から紹介を受けた。
完璧な日本語を喋れれる彼とはその時ほんのわずかな時間しか共にしなかったが、こうしてまた縁があって、声をかけてくれたのは嬉しかった。
その方は数年前に彫師としてやり始め、最近こちらに住んでいるとの事。

こうしてみると俺ももしかしたら”アジア”と一括りでその場にいた彫師を見ていたのかもしれない。
皆が皆胡散臭いイメージだけを売りにしている訳ではないし、コスプレしに来ているのではないと 気付かされた。
まあ、上から目線で言わしてもらうとアジアも捨てたもんではないなぁ~と思ったコンベンションでした。
また来年も楽しみが増えました。
masa saitoh
JAPANとプリントされたスパッツが似合う日が来るまで。。。

Tattoo show Stuttgart (review)

Another great experience last weekend (4 to 6, April) on my 3rd participation at this convention (link)
2014-04-04-14-internationale-tattoo-show-stuttgart
The great thing about going to the same tattoo convention every year is, meeting old friends and family spread around and gathering for the same game once again.
Stuttgart is a city that I only know very briefly, but I had a good feeling since I came here for the first time.
And “vibe” is very important for me. Some places (not just conventions) that I visited in the past never gave me this instant rapport thing.
One of the reasons I’m living here now, is definitely this “instant rapport thing” I felt when I set foot here in 2000 and tens.
Back to the convention story…

Since I’m mad dogging myself in participate in all tattoo conventions I can and the ones that catch my interest (obviously) , I’m starting to re-think about the whole thing.
I mean, if is only to “participate”… everyone can do it.
So, I set up some personal “goals” since this year’s for every convention I will be taking part.
Some personal, some artistic (like bringing a new drawing for each convention) and some are monetary.
I know it kinda turns down people when we talk about money, but hey; I’m a pro. I get payed for what I do.
And convention goers must not forget: Some traveled from abroad. Some had to drive long hours. Everyone have to find a place to stay and pay for the booth rent.
None of these efforts could be done, if there’s no reason to spread our word and work for people to see it and ultimately, get it on skin.

For the one’s that got the message and choose one of us to transcribe their thoughts on skin, I thank you all again!
Keep tattooing alive!


写真上:親子で彫っていただきました。右の写真が親父さんの足。約4時間半で仕上げました。

写真左:ジジィ(と愛称を込めて呼びます)。1939年生まれ、うさぎ年の梵字を彫る。ジジィは僕が3年前からこのコンベンションに参加し始めてから何時もブースに来ては浅草について色々とうんちくを述べる。”この通りの角を曲がったらこういうお店がある。。。”等と色々と話しながら下町への思いをはせる。って言うか、その前に俺は浅草に住んだ事ないし(笑
でもよく考えたら、多分ジジィはグーグルのストリートビューをくまなくチェックしているに違いない。だって。。。行った事ないのに!なんでそんなに詳しいのかと。。。
世の中、いろんなマニアが居ます。まさか浅草(限定)マニアに会うとは。
死ぬ前に浅草行けたらイイね、ジジィ!
写真右:彼は毎年来てくれてます。彼もマニアなんだけど、漫画オタクっていうヤツです。
知っている日本語は:おはよう、ありがとう。。。(ここまでは当り前?)。そして(俺の中では)衝撃的な言葉:おかみさん(!)
何で?と思うんだけど、まぁ。。。世の中、いろんなマニアが居ます(笑

はその他、今回彫った作品の一部。クリックして拡大


シュトゥットガルトの奇跡から3年。。。三度目の正直は成功に終わったタトゥーコンベンションでした!
去年の様子はこちらこちら