Angel back piece 3

Angel back piece 2

Little bit more lines.

リアルタイムでアップしてる訳では無いんで、予約の合間にはある程度時間がたってると思ってちょうだい。お客さんの都合もあるし、こっちが先走っても進まないのは歯がゆい時もあるけど、これが本来の刺青じゃないのかな?“がまん”っていう呼び名があるくらいだから。と、自分の都合の良いように、今の現状もがまんですね。

Angel back piece

Slowly getting there. In between pandemic and lockdowns we need to be in the same „sintonia“ or line. Challenging task in those days.

はたまたロックダウンで仕事が全てシャットアウト。日本では彫れる、彫れないの攻防の狭間から逃れたと思っても、こっちに来てからもお上の決断にまたしても振り回される結果。挙句の果てテロと来たら、そりゃ気持ちもめげるわな。刺青は戦争も災害も生き延びた歴史を持っているだけに、ここは踏ん張りどころだね

jörmungandr 2nd & 3rd session

Now we are in this situation and I see everybody around posting old shit to keep up in the surface. I must say that we already drowned, but we don’t want to believe…

👆Second session, drawing and tattoos, respectively

👆Third session

気が付いたらこういう状態になった世界。何てシステム全般がもろいんだろう?これで人類ドミノ倒しで世が終わっていく。何時も誰かが得をして、損をするのは正直者。もうどうでもいいかなと開き直るしかないのか?現実的に私生活に掛かる金が必要だからね。今日出来ることは今日やっとこうぜって言うけど、明日が無いんだったらやる必要なくね?

jörmungandr

ヤバッ!もう今月終わるじゃん!新年気分もクソもなく仕事モードに突入。まあ、新年ネタはまた今度アップします。今回は今年一発目の大きな柄。何時、何が来るのか分からんからイイ意味での緊張感があるから、楽しいよね。

Hybrid Hannya Tatt’s 5

まだまだ行きまっせー。良い感じで進んでるんで、今年中には仕上がるか⁉️頑張ろう➖

Hybrid Hannya Tatt’s 4

ca. Drei bis vier Stunden pro jeder Sitzung, wie immer 💪

I must/need write something for each post. Looking for inspiration on tattoo memes pages on IG doesn’t help that much. That said, let’s watch Scott Ian’s spoken words. Or should I stick to Joey DeMaio’s? Fuck the world, hail and kill⚔️

Well, screw it. One more photo of this back piece. You might be fed up, but I’m loving doing and posting it as much as I make you fed up😉 see you next time 👋🏿

Hybrid Hannya Tatt’s 3

2回目のセッション。もう何時間か忘れた!(ダメだね🙅‍♂️)

毎度の事だから、多分(多分)3〜4時間くらい。別に記録を破ろうとしてる訳じゃないんで。お客さんがギブするまでは彫り続けるよ。あんま長くなる場合はこっちがギブするからね(笑

体力、健康。お互様に重要だからね。さて、酒飲んで寝ようと(飲むんかい!ジム行かないんかい!)

Hybrid Hannya Tatt’s 2

Erste Termin, ca. Drei Stunden.

1回目。ラインだけで約三時間くらいかな?普段は一気にラインは引かないけど、今回から変えていこうかなと思ったところ。ケースbyケースなんで、型にとらわれず行こう!

日本ではライブが先週末終わったみたい。上手くいったんかな?気になる…

Hybrid Hannya Tatt’s

So, that’s how we started.

The good thing about digital media is being able to show beforehand the overall impression of the customer’s tattoo. Back in the analog era, and by any means I’m saying it with sarcasm or whatsoever, I had to draw the thing life sized and it was difficult to get a whole picture until the customer showed up for the appointment.

Still, lot of hand work and drawing even after applying stencils or what not. My point is: everyone wins when we combine ancient and modern tools.

And yes, we sweat, talk, move and complain. Humans, that’s all

今年の半ばくらいから始めたタトゥー。ありがたい事です。こちらのお客さんはずっと付いてきてくれてます。この時代、どんな小さな地方都市でもタトゥーショップがあるにも関わらず、熱心に通ってくれる事に感謝しかないですよね。途中で色々な事情によりギブする人もいるけど、やっぱこっちとしては仕上げたいです。これはエゴ、自己中的な考えではなく、やっぱ大きな作品はシンドイマラソンみたいなもんだから。一緒にゴールしたいわ。

上下の写真はデジタルで下絵を描いたもの。全体のイメージが伝えやすいし、こっちも色々と修正がスピーディーに出来るから助かります。後は何だろう?自動で彫れる機械が出来るんだろうか?それは勘弁して欲しいけどね(笑