Dortmund tattoo convention 2014

Well, very rare thing happening today…free wi-fi! Believe or not, they still charge extra for this service over here.
Usually I do not publish anything “on time”, but it’s a good opportunity to break the oath!

If you’re around, come and visit us here!

tattoo convention dortmund_carlos aus tokio 2014

20140614-012613.jpg

あたってくだけろ

IMG_4366

今回は久々にタトゥーコンベンションに行ってきた。
毎月行ってるじゃん!とツッコミが聞こえてくるが、久々にとしてコンベンションに行ってきたという事。
実は(客として)まだ二回目。一回目はブログで紹介はしていません。期待して行ったのにメチャハズレだったんでw
まあ何でも経験という事で。。。
コンベンションで彫るのは楽しいし、時間もアッと言う間に経ってしまいます。
んじゃ、客として行くのはどうだろう?と客観的に見たかったのと新しく参加したいコンベンションを見付けるための”下見”も兼ねて行ってみました。

一回目のコンベンション会場は暗い、狭い。
”こんな場所で自分が客だったら彫りたくないなぁ~”と言う気持ちになった。
客としてピンとこないコンベンションだったら、参加アーティストとして出ない方がイイ。
そんな感じで勘で探りながらコンベンション下見。

そして今回二回目はたまたまネットで見つけたかっこいいタトゥーショップが参加しているという事で、これはイイ機会かなと。
行ってみるとまたガッカリ(笑)。
そのショップは参加してはいたんだが、俺が目当てのアーティストはブースどころか、会場にすら姿が無い。
こりゃダメだと思っていると奇跡が起こる。

以前日本で面識があった彫師が居るではないか!
話しかけてみると向こうは覚えていてくれて、雑談。俺はコンベンションで彫ってもらいたいと決めていたんで(誰でもいいという事ではないが)、彼に頼んでみる。
快く受けてもらって、足に小さいワンポイントをゲット!
コンベンションで初めて彫ってもらった。
会場によっては煩い、暗い、暑い・寒い等決してお客さんには快適な環境を与えられない事が多い。
ここの会場もツッコミどころはあったが、個人的に彫ってもらいながら苦痛は感じなかった。

まあでもお客さんとして彫りに行く事を前提で考えているんなら、しっかりと準備をした方がいいなと勉強になりました。
一応俺は飲料水、タオル、スエットパンツ、Ipod。。。準備万端で行ったんで助かった。
その場の気楽な飛び込みはコンベンション初心者には避けた方がイイですね。あくまでも個人的な感想ですけど。

IMG_4365
↑彫ってもらっている時の写真

お客さん目線からまた新たなヒントも得られたんで、次回のタトゥーコンベンションで実践して行こうと決めました。
g10君、改めてありがとうございました!

IMG_1573

Tattoo Bash Köln (review)

Few weeks passed since Tattoo Bash Köln (held last month’s 25th to 27th) and I got myself back to write some for you.
I had a very fruitful experience in April attending 3 conventions in a roll (Stuttgart, Frankfurt and Köln) and many tattooer fellas might agree that there’s too many conventions nowadays.
They can’t be wrong. Definitely we can find all types and sizes of tattoo conventions on the most remote parts of the planet.
In other words, we (tattooers and customers) have the chance to hand pick which conventions, cities/ countries we might visit in the future.

In other hand we face odd situations like tattooing in noisy, dark, hot, cold locations and other “natural obstacles” we find being far from our common habitat.
As far for me, the experience of going through all this makes me grow positively stronger. And I wouldn’t trade it for anything else.
Specially right now that I’m driving by my own to these places to discover, meet and interact with different people and different cultures. All under one roof.

drache sleeve tattoo deutschland
More work added on our friend Stefan. Check the last session here
finished
Dragon tattoo Full sleeve projekt (Fertig)

peacock tattoo deutschland
Our Swiss friend Rolland and his wife graced our booth for the weekend. His previous session can be seen here
finished
孔雀-Peacock-Pfau tattoo (Dortmund tattoo convention)

やっと時間が出来たんで、4月に参加した最後のコンベンション(ケルン)で彫った作品をアップ。龍とクジャクは前回のコンベンションからの続き(共にリンクはこちら
一か月に三つのコンベンションに参加したため、正直体力的にはキツカッタ。
しかし、精神的に得た物はハンパなくデカい。今さら?と思われるかもしれませんが、度胸・自身が付いた。久々に手ごたえと実感がわいたタトゥーツアーでした。

もうすでに気持ちは今年後半のコンベンションに切り替えています。先ずは”基礎”からなんで、今は自宅にアトリエを作りながら新たな下絵を描いています。夏までにはその一角は完璧に生まれ変わって、そこでまたアクリル画も再開する予定。同時にまた美術館巡りも再開しているんでその様子も近日アップします!
さあ、今日もこれから練習です。

Huskvarna Rock & Art Weekend

Stop the press!

Flyer 2014

I’m proud to announce that I will be participating on my first “overseas” tattoo convention in Sweden!
Dates confirmed: 3 to 5 October, 2014.
Location: Huskvarna Folkets Park
Link to event’s home page: rocknart.se

It will be a 3 days of tattoo and music. Please check the website for further details, timetables and so on.

My fellow Scandinavian friends, please contact me directly if you wish to have a tattoo by me. Please go here and fill in the contact box in the bottom of the page. Just for the record: I can’t give you a estimate through email, but if you have a budget I’m open to discuss the possibilities when we meet face to face at the venue. Feel free to enclose your ideas and please browse through my portfolio (here) to see if my style matches what you are looking for.
Tack så mycket!

Please note: I will be out of my booth while Vulcano (Brazilian godz of extreme metal, pioneers of Black/ death/ thrash in South America) is playing. Otherwise I will be tattooing as usual. If you never heard them, you’re a poser…

Tattoo show Stuttgart (review)

Another great experience last weekend (4 to 6, April) on my 3rd participation at this convention (link)
2014-04-04-14-internationale-tattoo-show-stuttgart
The great thing about going to the same tattoo convention every year is, meeting old friends and family spread around and gathering for the same game once again.
Stuttgart is a city that I only know very briefly, but I had a good feeling since I came here for the first time.
And “vibe” is very important for me. Some places (not just conventions) that I visited in the past never gave me this instant rapport thing.
One of the reasons I’m living here now, is definitely this “instant rapport thing” I felt when I set foot here in 2000 and tens.
Back to the convention story…

Since I’m mad dogging myself in participate in all tattoo conventions I can and the ones that catch my interest (obviously) , I’m starting to re-think about the whole thing.
I mean, if is only to “participate”… everyone can do it.
So, I set up some personal “goals” since this year’s for every convention I will be taking part.
Some personal, some artistic (like bringing a new drawing for each convention) and some are monetary.
I know it kinda turns down people when we talk about money, but hey; I’m a pro. I get payed for what I do.
And convention goers must not forget: Some traveled from abroad. Some had to drive long hours. Everyone have to find a place to stay and pay for the booth rent.
None of these efforts could be done, if there’s no reason to spread our word and work for people to see it and ultimately, get it on skin.

For the one’s that got the message and choose one of us to transcribe their thoughts on skin, I thank you all again!
Keep tattooing alive!


写真上:親子で彫っていただきました。右の写真が親父さんの足。約4時間半で仕上げました。

写真左:ジジィ(と愛称を込めて呼びます)。1939年生まれ、うさぎ年の梵字を彫る。ジジィは僕が3年前からこのコンベンションに参加し始めてから何時もブースに来ては浅草について色々とうんちくを述べる。”この通りの角を曲がったらこういうお店がある。。。”等と色々と話しながら下町への思いをはせる。って言うか、その前に俺は浅草に住んだ事ないし(笑
でもよく考えたら、多分ジジィはグーグルのストリートビューをくまなくチェックしているに違いない。だって。。。行った事ないのに!なんでそんなに詳しいのかと。。。
世の中、いろんなマニアが居ます。まさか浅草(限定)マニアに会うとは。
死ぬ前に浅草行けたらイイね、ジジィ!
写真右:彼は毎年来てくれてます。彼もマニアなんだけど、漫画オタクっていうヤツです。
知っている日本語は:おはよう、ありがとう。。。(ここまでは当り前?)。そして(俺の中では)衝撃的な言葉:おかみさん(!)
何で?と思うんだけど、まぁ。。。世の中、いろんなマニアが居ます(笑

はその他、今回彫った作品の一部。クリックして拡大


シュトゥットガルトの奇跡から3年。。。三度目の正直は成功に終わったタトゥーコンベンションでした!
去年の様子はこちらこちら

Another gig my ears bleed

Oh yeah, February is coming to an end. Time to pack the gear, load the guns and hit the road!
From March there’s a couple of tattoo conventions scheduled through out the country. See the schedules here
I love being out there, visiting new cities, remembering old ones and best of all: leaving up my “mark” on every soil we’re stepping in.
A bit of pirates life, with the only small difference of smart phones, GPS and all the technology backing us up and not counting greasy food and cheap beer to entertain us all.
Well, guess no much has changed since our brothers sailed across the world some hundred years ago…

And this weekend we start at Tattoo Expo Leipzig (link here)
Flyer_Leipzig
Made a new photo book, just as I did before (here). Happy that this one contains script/ lettering tattoos all done here. Come and check at the show, I hope you will enjoy!

tattoo schrift book
今週末からタトゥーコンベンションのマラソンスケジュールが始まります。
月によって、ほぼ毎週末何処かで参加しています。日本に居た時は考えられない事だったが、こっちではそれが普通。
各州、各町のアピール方としてコンベンションが開かれる。
そして全国、ヨーロッパ、世界中から彫師が集まる。
地元のお客さんを始め、各地から人が集まり、新しい情報、生の情報をコンベンションで見る事、触れる事、彫れる(惚れる)事の喜びを毎年楽しみにしている人達がいます。
これからまたその人達に会いに行きます。
clean tattooer
あっ、上の写真は必定品:作品アルバムとミニシャンプーやボディーローション等。
泊まるホテルによってこういったアメニティーが無い所もあるんで。。。これも日本では考えられないですねw

Tattoo convention Offenbach (review)


行ってきました、今年最後のタトゥーコンベンション。
正直疲れました(笑
また知らない場所へ運転、しかも今回は雪の中。トホホって感じです。
何だか運転の練習も含まれるのかねぇ~、この僕の修行は(笑

前回のコンベンション同様、土日のみ(前回リポートはこちらこちら
本来ならば金曜日が昼過ぎから遅く始まり、夕方には仕事帰りの方々が来るという感じ。その金曜日があるのと無いのではちょっと感じが変わるかもしれない。”かもしれない”というのは、僕がまだそんなに二日間限定のコンベンションに参加していないからだ。
金曜日は要するに”様子見、下見”とでもいうのか。お客さんが三日間の通し券を買っていれば、一日目はアーティストを探しながらブースを見て回る。
二日目には予約を入れに来て、その日か日曜日に彫るという流れ。
正直、場合によっては金曜日はダラダラとした緊張感のないコンベンションもある。

土日のみの時はリスクは大きいが(お客さんが彫師を選ぶ時間が限定されるため)、逆に内容の濃いコンベンションが出来たりする。
まだこれからもギアの入れ方、スピードとブレーキのタイミングをちゃんと感じながらコンベンションに参加していこう、と思いました。。。
そうだ!運転と一緒だ!

Back from the last weekend’s Tattoo convention Offenbach. Another adventure of driving to a new city, but this time on snow…
Well, we do have snow in Tokyo. But, let me tell ya: Looking from the different perspective (from the driver’s seat) is a totally different ball.
Just like tattooing, roads are slippery full of ups and downs. Learning to control the gear, speed and brake is the key to success. And don’t forget kids: Success is the journey 😉

Wuppertal Tattoo convention 4 (review)

2nd day, Sunday. Waiting time. Thinking time
2日目。定番の(笑)”会場が開いていない”パターン(前回はこちら
それにしても皆さんあまり二日酔いの様子もなく真面目に朝から会場入り待ち。このコンベンションは2日限定のため、打ち上げ的な物が無かったからか?(笑
wuppertal tattoo convention7
Both days were quite good for me. Tattooed some good number of people, including the one’s that had made appointments in advance and others jumping in.
Gill the boss was promptly booked for the 2 days, and basically the first day I got to tattoo some people that were looking for his services. He’s been attending this convention for many years, so he’s known by the locals.
In the second day, I decided that this wasn’t going to be good for me in terms of learning how to deal with customers here. So, while I tattooed my first customers (booked in advance); I would talk to people around the booth during breaks and trying to find some potential one’s.
Again, the language barrier still huge, but if you don’t try you don’t learn.
So, with this in mind I did my best to be understood. And understood I got by a young couple that choose some from my “Wanna do” flashes. What a score man! Not money wise, but for the fruitful results of my efforts.


The guy choose the samurai, and the girls choose the bamboo pattern.

写真はあえて全部は載せませんが、初日と日曜日共に朝から順調にお客さんを彫っていた。予約済みの方もいましたし、飛び込みもチラホラと。
ボスは2日間予約一杯だったんで、初日は何人か”おこぼれ”をいただく。ただ、自分の中では”おこぼれ”ばっかにあやかっているのはなぁ~と思いながら格闘。
2日目は作戦を切り替える。予約済みのお客さんをこなしながら、休憩の合間にブースに群がっている人に積極的に話しかける。タトゥーを”おすすめ”するのはハッキリ言って抵抗はあるが、本当にタトゥーが嫌でしょうがないならコンベンションにはまず来ないだろう。
その中で”Wanna do”を彫りたいという若いカップルが!さっそく彫りました。彼氏は前回のコンベンションの”売れ残りWanna do”のお侍さん。
彼女は今回描いた中の竹をチョイス。

Bellow, finishing the dragon that this client had started back in the shop. Check it here

drache frau deutschland wuppertal tattoo convention
そして以前(こちら)お店で始めていたドラゴンタトゥーも会場で仕上げる。

And meanwhile…
wuppertal tattoo convention4
I couldn’t believe my eyes! Met my friend U. and his wife! Man, what a surprise…I had tattooed him around 2007/2008, I guess. We kept in contact sporadically and I had told that I moved here a while ago. He lives in a totally different state, so I was not even expecting to be able to see him this year.
Who could imagine that our worlds would collide once again after these years? Small world…and again, I felt blessed for being chosen by this job.
I wouldn’t be able to visit (or even live, like now) distant countries and meet different people and cultures, if wasn’t for tattooing.
On top of that, my friend had added a wonderful collection on his body by a renowned artist. He proudly sports an incredible beautiful body suit now!
I confess that I’m so happy for him, he really got hooked on tattoos since them.
Again, how wonderful is this our world of tattoos!

そうこうしているうちに。。。
何と!約5年前(2007~08年)、日本で彫ったお客さんが目の前に居るではないかぁ~!!!!
当時、彼は出張で日本に数ヶ月滞在しており、タトゥー・チャーチに彫りに来たという縁から出会った方。
僕がこっちで暮らしているという事はメールで報告済みで、会えたらいいねぇ~という軽い感じでやり取りをしていた。まさかこうして急に前振りなく来るとは。。。本当にありがたいし、義理堅い人だなぁ~と感謝。またこうして以前彫った方にまた会えるというのはこの仕事に関わっていてよかったと思う瞬間である。タトゥーのおかげでなかったら、こうして違う国、違う文化や人と関わる事はまずなかっただろうな。。。
本当にハートと心が行き交う世界に居れて幸せです

Wuppertal Tattoo convention 3 (review)

1185314_563730630354810_790972925_n
Here’s as I promised the review of our last attending convention in Wuppertal.
Learning from my mistakes and wrong thinking from the last convention (here), I went with a clear mind sure that a good result would be waiting at the end.
And I wasn’t wrong!

Funny that it started with some slight minor trouble (OK, maybe not funny, but…)
Well, after we finished our tasks last Friday as normal business day in the shop; we started to load the Van with our equipment and stuff.
Driving was in my hands, and I have to confess that I’m not 100% comfortable (yet) with the idea. Thing is, I didn’t drove that much back in Tokyo. And if you live in Tokyo, you don’t need to own a car at all.
Places change, and you have to adapt. Attending conventions don’t mean just “being there”. It means preparation, dedication, and obviously taking part of all tasks as a member of the team.
Just business as usual, as we do everyday in the shop.
So, my hand on the wheels and my heart pulling out from my mouth.
This time, driving time was way shorter (1h30min) and all we needed, was just pull off from the Autobahn and drive less than 10 minutes to the convention hall.

So, then comes the storm. The battery died as soon as we drove off of the highway and all the lights went out and the wheel locked up. With all mighty forces I could pull over the car, and the rest is just story.
Waiting in the rain, hungry and cold for help. After a good one hour, here comes the angels.
Battery charged, and we could drive to the joint. Only to discover that was too late for food. Again, the drama of conventions. Find a place to eat. So, we did. Ended up in a junk food thrift, as we would expect…

行ってきました!タトゥーコンベンション。前回のコンベンション(こちら)からあまり日数が経っていませんでしたが、体調をキチンと整え、準備万端で臨みました!
結果から言うと俺の中では大成功でした。うまい酒が飲めました!

先ず初日からトラブル(笑
金曜日通常の営業が終わってから荷物をバンに詰め込み出発。今回も俺が運転係。夜はまだ不安です。高速メチャ暗いです。
距離は約1時間半のドライブなんで焦らず快適に(?)
そのまま高速を下りたら10分で会場に着くとの事。ちなみに今回は土日のみのコンベンションである。土曜日の朝出てもよかったんだが、まだ運転の不安と始めて行く場所なんで前日に行く事に。
そして高速を降りたら。。。バッテリーのランプが点滅しだし、”ビー”と言う音と共に電気が全部消える(焦る!)
とりあえずハンドルをグイグイと回して車を何とか寄せる。そこから問題。。。
こっちのJAFを電話で呼び、ひたすら待つ。外は雨。腹は減っているし、後もうちょっとなのに。。。凹む(涙
wuppertal tattoo convention1

やっと来てくれた。。。こっちでは(会社のカラーから)”黄色い天使”の名前で親しまれているらしい。天使遅いぞとボスとグチる(笑
とりあえず仮のバッテリーをつないでもらい何とか会場の駐車場に車を止める事が出来たが、もう飯を食う所どこも開いてません。。。コンベンションに行く時は必ず食う羽目になる、定番のジャンクフードで適当に済ます。
要するにコンベンションの終わる時間が結構遅いため、仕方なく食べないといけないのがジャンクフードである。働きまくったのに最後の”ご馳走”がお粗末である。

Arriving late on the hotel, we were welcomed by other tattooist fellas that are going to attend the convention as well. Drinking some, chatting and relieved from the driving duties, I went to check some local free paper magazine to find some stuff about the convention on their pages. What a great welcome!
Those are things that were unimaginable back in Japan. One the events we did organized back them had once or twice being featured on such non-tattoo related media. Even so, with much sweat and talks back and forth to make it happen.
wuppertal tattoo convention8

ホテルに着くともうグッタリ。そこで同じコンベンションに参加する他のアーティストもすでにロビーで宴会中。シバシバおしゃべりをしながら飲んでいると、地元のイベント情報誌が目にとまる。パラパラとページをめくっていると、なんと!コンベンションの宣伝が掲載されているではないか!これは嬉しい!
コンベンションはちょっとした地方都市では”村おこし”になるんで、場所によっては現地の役所や観光局のバックアップがあったりする。
当り前だが、人が集まればお金も落としてくれる。特に観光スポットとしてあまり注目を浴びていない所では宣伝も兼ねての一石二鳥の話である。
よっし!明日は気合い入れるぞ~
次の日は嘘のように天気もスッキリ!
wuppertal tattoo convention3
Welcomed by a great sunny day on Saturday. Can’t believed we were just in a such bad weather and nightmare few hours ago.
Arriving at the hall, we started to set up our stuff. This time a good investment was made on some big light devices. Learning from past conventions that sometimes places are so dark, that customers can’t even browse through portfolios and stuff.
And those lights (made for photo shooting) are perfectly light, easy to carry and they are bright MF’s!
I’m currently using at the shop as well.
wuppertal tattoo conventionl10

会場について準備スタート。今回は照明用のライトを新しく購入してもらいました。前回のコンベンション会場のハンパない暗さから改善を考え、他のアーティストもチラホラと使っているのがこの写真撮影用のライトである。サイズは大きくてジャマに見えるが、実はコンパクトにたためて、持運びやすい。
ブースも明るい、仕上がったタトゥーの写真んも撮りやすい。もちろん普段スタジオでも活用。
会場には必ずタトゥーの道具を扱うサプライもブースを出ているし、スポンサーの薬剤会社からは最低限の消毒用のサンプルボトルが配布されていた。もちろん毎回そうだとは限らないが、こうした気配りは嬉しい。

“Wanna do” flashes(here and here) ready, portfolios ready, computer slide show rolling. Time to rock!
More about the convention will be posted tomorrow! Hope you enjoy
wuppertal tattoo convention6

今回は”Wanna do”も3セット描き、女性を中心にターゲットをしぼりました。。。はたして結果は?”Wanna do”の写真はこちらこちら
続きはまた明日!

Wuppertal tattoo convention 2

1185314_563730630354810_790972925_n

Today and Sunday I will be on this convention! Meet me at Gill’s Bodyart booth!
And, one more “Wanna do” for the weekend. I hope you enjoy it!
japanese tattoo design for women3
今週末は再びコンベンション!ハリキッテ行きます!楽しんできます!
そして最後の”Wanna do”。皆さんも、素敵な週末を~