Hannya tattoo Full sleeve projekt (In arbeit/ In progress) part 2

Erste termin hier
hannya gegen oni japanisch tattoo carlos aus tokio
First session here
一回目はこちら
よく聞かれる事なんだけど、大きな作品の場合、何故一気に筋彫り(ライン)をひかないのかと。
理由の一つは、個人的にタトゥーは仕上がるまでは変化が付き物だと思う。
って言うか変化していかないといけないと思っているくらいです。
いわゆる建築の様にいくら設計図が完璧でも実際現場ではある程度変更が予想されると。
今回がすごくいい例なんで、あえて”失敗”バージョンも載せます。

まず最初に般若という柄がお客さんのリクエストでした。それからこっちも色々と提案をして、これを足したらどうとか、全体の雰囲気はこうとか。
なので、まず一回目は腕の上半分の部分しか下絵を描いていません。下はまた進めて行く内に考えようと。
(下)はまず最初に提案した絵
japanese priest tattoo carlos aus tokio
何時もの事ながら、まずはラフな下絵を直接腕に描く。問題は、どちらの人物とも同じ方向を向いている事。あまり動きが感じませんので、ボツ!

japanese demon tattoo carlos aus tokio
今度は全く違ったアプローチで再度描いてみました。一番目のバージョンが”おとなしい”感じだったんで、お客さん的にはもっと怖い感じがイイと。

japanese demon tattoo carlos aus tokio1
般若vs鬼にしました。仮タイトル(裏タイトル)は夫婦喧嘩w
まだ腕の裏等スペースが少々あるんで、また次回までに模索します。

Longhorn Extravaganza Flash project 10 (Water & Air)

Follow past posts of this project from here
このタトゥー下絵プロジェクトの今までのながれはこちらからご覧になれます
herbert hoffman flash1
Here’s my version of Water theme. Like my friend Horse, I took the inspiration from Herbert Hoffmann flash designs as well.
herbert hoffman flash
As you can see, the word “Letzte” it’s appearing on both versions. It means “last” in German. So, Horse’s drawing translates as the “Last Trip” (or last deployment, in sailor’s terminology). Mine, as “The last man”.
And I found this flash book from Herbert Hoffmann, notorious Hamburg tattooer and this drawing just was perfect to fill in the other half.
herbert hoffman flash2
I changed it to a samurai holding a navy flag, commonly mistakenly called (or related to) war flag.
In Japan recently the use and display of this flag it’s been discussed and bringing controversy.
Neighbor countries, China and Korea blame the Japanese that the display of this flag it’s a reminiscent of WW2 imperialist ideology. So, it started from being banned from soccer stadiums (the last preliminary World Cup matches in both respective countries)
I obviously drew it as a relation of this flash theme that is about ships, sea and of course navy (merchant or military)
At the same time, I confess that I drew with feelings of patriotism and pride of my own heritage.
I hope I will not be the last to share these sentiments.
今回のテーマ水と風が出来上がりました!
写真(上)は元ネタとなったタトゥーデザインです。以前同様(こちら)ドイツ・ハンブルグの彫師ハ―バト・ホフマンからインスピ受けました。
写真(中):左はマーカス、右は僕が描きました

thee old horse schweden
Above is Horse’s version of Wind. Check his blog here and Instagram here
写真(上)バージョンです。同じく左右お互いが描いた物です。
マーカスのブログはこちら。Instagramはこちら

Soul food

I’m posting some books I recently found and personally thought it is interesting.
None of them might be directly related to tattooing, but as source of inspiration it’s always good to have an a open mind and fresh eye for anything related to art.

I try to rely much on what I can really see and touch. Since I moved to Europe, I find countless of inspiration just looking to old buildings and such.
Books are way cheaper too, compared to Japan.

I guess it’s a different approach to art. Or how locals define it.
One tends to revival and progress (Japan) and the other to preserve and maintain (Europe).
Strangely (for me), Westerners tend to generally think that Japan keeps it ancient to the core. Including tattooing.

Only if they find that everything evolves so fast in Japan.
Romantic views apart, I will try to pick the best of each culture and create my own.
Hope you have a inspiring weekend!

チョイ前に(こちら)お約束したとおり、最近買った本で面白いと思ったやつ、インスピされた(されている)中から、いくつかを紹介します。

こちらはPierre Caille。ベルギーのアーティスト(ホームページリンク)。絵だけではなく、彫刻やアクセサリー等も手掛け、幅広いです。
残念ながら日本語での情報は見つかりませんでした。”ぶっ飛んでいるアーティスト居ないかなぁ~”と思いながらアントワープで見つかった本です。
pierre caille

次はジョルジュ・スーラ(スラ)ウィキペディア)。印象派のアーティストですね。点描という技法を使って絵を描いた。この複数の点のめんどくささはタトゥーに通じる物がある。
seurat1

seurat2

最後はToon Boek。オランダの詩人らしいです。勿論読めませんw
この本は全体のデザインや面白いコラージュ等にひかれて買いました。またこの読めない文字もエキゾチックに感じるのもポイントですね。
boek1

boek2

日本から本を持って来るにつれ、お金はメチャ掛かりました。だけど、勿体ないとは思いもしませんでした。
こっちでは絶対手に入らない本ばかりだし、自分の想いも詰まっています。
この仕事の一つの楽しみは資料集めです。要するに、ネタになるような本を常に集める事です。
そしてこっちでも少しづつ探りながら集め始めました。

インターネット時代だからこそ、改めてアナログ。
検索しても引っかからないアーティストはまだまだ居ると思います。
ローカルな方も多くいるんで、それらを発見する喜びと驚きがあるからたまりません。
皆さん、素敵な週末を!

Lettering tattoos!

Mehr Schriftzüge findest Du hier
schriftzuge tattoo carlos aus tokio13

schriftzuge tattoo carlos aus tokio14
For more lettering tattoos, please click here
もっと文字タトゥーをご覧になりたい方、こちらをクリック!
どちらとも子供の名前です。首に入れるのはかなりハーコーだと思われますが、これも愛情表現(?)だと思ってくださいw
因みに僕は基本的、手の甲や首はビッチリ体中にタトゥーが入っている方又は彫師ではない限りやりません!日本からずぅーっとそのポリシーは守ってます。

I-don’t-know-what-Tribal tattoo

Links: Eine einfache Vorzeichnung. Rechts: Die komplete Vorzeichnung
hybrid maori tattoo deutschland1
Photo above: Left, simple sketch for size. Right, the drawing on paper and the flash design that inspired the client to choose his tattoo.

Das fertig tattoo (für die Erste termin)
carlos aus tokio
Photo above: The finished result for this session. I know everything looks confusing, but bold outlines and more shadings will be promptly added on our next session.
I just don’t know how to call this kind of tattoos anymore…can’t come with some hype titles.
They are indeed inspired on Maori (N. Zealand) designs. Just the outtakes goes beyond, and they become more like “patterns”. I guess that’s tattoos “core”, basically: Beautify your body!

写真(上):左がラフスケッチ。お客さんにサイズと大体の雰囲気を確認してもらうため。右は紙に描き起こしたものとベースになったお客さん持ち込みのデザイン(下)が今回出来上がった部分(約3時間)。
まだまだ太い線や影を足しますんで、今回彫った分も大分印象が変わります。仕上がりが楽しみです。

Dragon tattoo Full sleeve projekt (Fertig)

Letzte termin hier
drache tattoo carlos aus tokio
Last session here
At least our project with Stefan is finished for now. I know I have some more things that I might add here and there, some rough spots I have to clear, etc, etc.
But now, we will give time to heal and see what we gonna do next.
Personally, a tattoo is finished only when there’s ain’t more spaces on the body to fill in.
The first step of our long journey has just started.

drache tattoo carlos aus tokio1
前回までの流れはこちらから
今月はコンベンションから始まり、出張も行き、何かと忙しい一ヶ月でした。これは喜ばしい事だ。個人的にはテキパキ動いている方が好きだし、ゆっくりダラダラ過ごすのは大嫌いである。
また一つ大きな作品が仕上がったんで達成感はありますが、また今後お客さんの体をどう彫り上げていくか宿題が残りました。
コンベンションで始めたこのタトゥーも正直お互いスケジュールやらでしんどかった時もありましたが、とりあえず終わってホッとしています。
さて、まだこれから仕上げていく他のタトゥーへと頭を切りかえて進みます。

New blocks in the black

old tattoo
Photo above: Former tattoo done by a different tattooist
Photo bellow: New tattoo added

adding new tribal tattoo carlos aus tokio1
Photo bellow: Sketch on photocopy and design applied on skin
adding new tribal tattoo carlos aus tokio2
I wrote this before, and I will state that again: I love to do this type of work.
Adding a new tattoo around a old one, isn’t just challenging. It gives you the opportunity to see what others had done, and it makes your brain spin when trying to find a way to puzzle them altogether.
Some people with elitist views despise doing it, but for me; the most important is to make the customer leaving happy from the shop.
A complete “virgin” skin would be any tattooers delight to cover it with self works. In other hand, more the people with previous tattoos come to look out for you; I take it as a sign of trust on my work.
So, why not correspond to it?
After all tattoo is a communication between the 2

継足しです。写真(上)が以前彫ってあったタトゥー。(中)が継ぎ足した後。(下)は何時もやっている写真(プリント)にスケッチを描いて、お客さんからOKをもらったら直接肌に移します。

他の彫師が彫ったタトゥーに新たに継ぎ足す事は簡単ではない(まあ、簡単なタトゥーって言うのはそもそも無いんだが。。。)
以前のスタイルや雰囲気を守ってほしいというリクエストがあった場合、勿論色や形等が制限されます。
今回の場合もなるべく色(赤黒)を重視してやってみました。
何時もの事だが、仕上がり後に一体感、後から継ぎ足された事がなるべくばれない様にするのがポイントだと思っています。
このタイプの仕事をあまり評価されない節がありますが、何より僕にとってはお客さんが満足する事を目標としています。
いわゆる古い車をカスタムする事で気持ちも晴れるような。。。解りますかね?
ただタトゥーの場合は車と違って買い替える事は出来ないんで、こうしてカスタムしていくしかないんです。

今後こんな感じの仕事はどんどん増えていくと思います。数年前からタトゥーを全くゼロの状態から入れるという方は少数派になりつつありました。何処かしら小さいワンポイントが入っていたり、以前彫った柄の周りを埋めて行ったり。
僕はこれらをとてもポジティブな事だと思っています。タトゥーの”熱”が度々おこされて、皆さんがまたこうして入れに来ることはありがたい事です。

Krähe Tattoo (Schwarz und Grau)

Eine Stunde für Zeichnung, vier für Tattoo
krahe tattoo carlos aus tokio
1 hour to prepare the stencil and add some stuff here and there. 4 hours spent solely on tattooing

一時間は準備や下絵を肌に張ってから手描きでディテールを足したり等。タトゥー自体彫り上げるのに4時間かかりました。
何せお客さん腕メチャデカいんで!
写真が細長いんで、見ずらい場合はクリックして下さい。画面に収まります。さらにそこからクリックすると拡大されて細かい所が見れますんで試してください!