Cristopher Maori Hybrid

Erste termin

maori tattoo carlos aus tokio

First session on Cristopher. Maori inspired with some Japanese backgrounds.
Photo above, sketch. Bellow, after 2 hours tattooing

maori tattoo carlos aus tokio2

クリストファー君初タトゥー、一回目です。写真上がスケッチ、下は約2時間彫った後です。
タイミング良く、最近買った本がネタとなりました。ドイツの写真家でカール・ブロスフェルト(Wikipedia)と言う方の全作が今年出版されたばかりです。
植物の写真を撮られていた方ですが、これが(自分にとって)トライバルの柄にしか見えないんですよね。曲線やスパイラル(渦)は元々僕は建築や古い文様等からインスパイア受けてましたけど、ガウディ(Wikipedia)も植物や花の形を参考に建設したという話を知ってから、実はずうっと気にはしていた。
でもこの本が売られているのを見た瞬間、やっと見つけた!という感じ

近々、自分が最近買った本やインスパイアされている書物を紹介したいのでお楽しみに!

Accel, no breaks

20140819-150854.jpg
Fresh back from a stint at Cologne City Tattoo and now working on accumulated client drawings.
I have to say that was a very fun and profitable guest week. I couldn’t be more fortunate for having people that dig working with and obviously, hanging with as well.
Gone are the days of drunkenness and endless partying with members of shop(s).
Same apply for conventions, I wanna do all these stints in a professional manner as possible.
Not trying to sound like a cold dead soulless man, but I have to admit that past experiences enriched bit’s of what are the limits and distance we should keep between ourselves.
At the end, everybody wins.
Fxxk the hype! No more tears to wipe!
今週から普段通りお店で働いています。先週の出張で感じた事を消化しつつ、目の前にある課題と宿題をこなしながらまたこっちでのペースと感覚を取り戻しています。
頭の中ではいろんな葛藤がありますが、タトゥーも人間味のある商売だからこそ、いろんなアプローチがあります。
どれが正しいのか?どれが自分の道なのか?
所詮人間が考えてやる事。それは全てが道であり、全てが正しい。
間違えだと思った瞬間にもう前へ進む事はためらうでしょう。その時、道はもう閉鎖されている。

Gift 2

前振りなしだけど、実は先週出張に出てました。何時もの事ながら、プライベート旅行であろうが必ずタトゥーに関わっているのである。
今は言葉の壁、お客さんとの接し方や柄の好み、自分がこの同じお店に2年前に初めてゲストワークをさせてもらってから色々と事情が変わった。変わったというより、自分からも変えて行った。
自慢話ではないんだけど、その成長を見せたかったのと自分でもそれを確認してみたかったというのがあった。
出張と言うからにはガチでお金を稼ぎに行くのは勿論だが、こうした+アルファ、テーマ―を決めて行かないと個人的には何も面白味がない。
周りの反応を見ながら自分のペースと合わせてていく。どんな商売でも飽きられたら終わりなんで。
今回はその手応えを感じながら次へ繋げる事が出来た。

IMG_4415

Another gift drawing I made for my friend Frank. Glad he loved it!

Sell your soul to the god’s of R’n’R

carlosaustokio1
OK, I think is time to do something with all the drawings I accumulated in the past months.
I’m thinking in selling some of them. It will be the original ones, meaning there’s only a single copy available. I’m fishing some websites that will do the transaction. Meanwhile you can overview some of my drawings posted in this blog here
Hope you get interested!
そろそろ足の踏み場もなくなってきたんで一部の下絵を売り始めようかなと。まだどんな形でやるかは決めてないけど、アートセールをしてくれるウェブサイトに頼もうかと思っています。
皆様もご興味を持ってくれる事を願います

Longhorn Extravaganza Flash project 9 (Water & Air)

Pleasant surprise to open the mail box (the real one, not the virtual) and find this:
thee oldhorse tattoo
Old Horse’s (his Instagram here) version for Water just arrived in my hands. Look here to see my version of Air. Now time to spin on some ideas to fill the other half page. I already know what’s gonna be, just need to sit down and flow the ideas!
The first of many “Reise” to come!
スェーデンのマーカスから今回のテーマ”水と空気”の水バージョンが届きました!
何時もこのプロジェクトはメチャ楽しみにしています。さて僕が送った空気バージョン(こちら)をどう彼が料理するか。
そして俺は何を今回描こうか。
彼のブログ(こちら)、Instagram(こちら)もご覧ください!

Tribal Dragon

tribal dragon tattoo
As I wrote here, here’s the photos of this new project we started with Timo.
It’s a long way to complete, but let’s do it!
Kein Schmerz, Kein Gewinn!
こちらでもチラッと載せましたけど、こんな感じのトライバル龍を始めました。
まだまだ先は長いんでお互い頑張りたいと思います!

Tribal+Biomechanical

Erste termin
First session. Photo left, rough sketch. Photo right, stencil applied.
tribal biomechanical tattoo1
The last post (here) was in reality a preview of this tattoo here.
Very interesting request from Daniel. He wanted a biomechanical looking tribal tattoo. Yes, I know it sounds insane when you hear it.
But I guess it has everything to do with. The so called tribal tattoos were (or are) rites of passage and warriors would (and) wear them as an armor, so to speak.
So why modern humans wouldn’t have the desire to transform their bodies in machines?
A crossover of armors from past and future
ダニエル君のリクエストはバイオメカタトゥーとトライバルのミックス。一見無茶なオーダーにも聞こえるけど、僕にとったら繋がっていると思う。
トライバルはそもそもあらゆる部族文化に共通している事はお守りである事。体に彫ったタトゥーがの役割をしている事。
現代人も永遠不滅の体、ロボットの様な体にロマンを寄せている(一部かも知れんが。。。)
過去と現代の鎧が総合してもおかしくない。
tribal biomechanical tattoo3

And I had attempted this kind of style while I was back in Japan.
I titled (at that time) TRI-BIO (Tribal+Biomechanical)
Photos bellow are from a series of those TRI-BIO’s I drew and were part of the exposition Art of tattooist. Held in Yokohama and organized by Yokohama Horiken. It was a pretty dope attempt, as this kind of expositions (in Japan) barely can be viewed in a proper exposition hall.
トラバイオ(トライバル+バイオメカ)と言う勝手な呼名で、まだ日本に居る時からこんな感じの下絵も実際描いていたんで、有かなと。ちなみにこちらは”アート・オブ・タトゥーイスト”と言う彫師だけのグループ展に参加させてもらった時のカタログ本から。
art of tattooist
理屈が多い説明ですね。。。自分で考えといて何だが。この当時、ちゃんとした場所でこういった試みが出来たというのは今振り返ってみても凄い事だったんだなと。このタイミングでそこに居られた事に感謝ですね。FTW!フォーエバー・ツー・ウィールズ!
tribal biomechanical tattoo2

短歌 龍 Dragon (Haiku/ Tanka paper)

Size: (approx.) 8.5cm X 29.5cm (3.5 X 11.5 inches)
Material: Pentel brush pens and Water pens
dragon tattoo
The real size of this long rectangular paper usually for writing Haiku (Wikipedia) or Tanka (Wikipedia) poems is approximate 6cm X 36cm.
I’m using just a left over paper of my recent bigger size drawings.
Recycle & Resist!
短冊色紙に絵を描く感覚でやってみました。
サイズは約八。五センチ×二十九。五センチ。使用したのは同じくペンテルの筆ペン。
実際の短冊色紙は六センチ×三十六センチが定番みたいだけど、これは今使っている紙の切れ端。
大きめの絵を描き始めてから、A3サイズに紙を切って残りが出てしまっていた。この紙は結構高いんでw残りもこうしてリサイクルしてみました
皆さんもリサイクルしてますか?

The Ballad Of The Broken Spring

tribal biomechanical tattoo
Trying some of the new gray wash colors from TOMBOW pens.
Bought them on the last Berlin convention and just testing in different surfaces.
Well, it is more difficult than I though!
Still ‘ballin…
コンベンションで買った新しいとんぼのペンを試し中。
もっと楽にグラデーションやグレーのボカシが出来ると思ったら。。。
まだまだ先です、がんばります